幼稚園児の演奏する「ショスタコーヴィッチ 交響曲第5番 革命」が素晴らしすぎるクオリティと話題に

このエントリーをはてなブックマークに追加



群馬県伊勢崎市にある伊勢崎あすか幼稚舎の園児たちがピアニカと鍵盤、打楽器で演奏する交響曲がすごすぎるとTwitterなどで大きな話題となっています。

知的想像教育を追求するとされている群馬県伊勢崎市の伊勢崎あすか幼稚舎。ここの園児たちによるショスタコーヴィッチの「交響曲第5番 革命」の演奏のクオリティが、幼稚園児にはありえないほど高すぎるとTwitterなどのSNSを通じて話題を呼んでいます。

ショスタコーヴィッチは20世紀のソ連の音楽家。交響曲第5番は彼の代表作ともいえる著名な作品で、日本のオーケストラでもしばしば演奏されています。

その交響曲を幼稚園児たちは楽譜を見ずに、ピアニカ、キーボード、各種打楽器を用いて6分以上に渡り悠々と演奏していきます。これはもう、凄すぎるとしか言いようがありません。

ぜひ実際の演奏の動画を自分の耳で確かめてみて下さい。

伊勢崎あすか幼稚舎 ショスタコーヴィッチ 交響曲第5番 革命 - YouTube


このような体験を人生のこの時期にすることができるのは非常に得がたい経験となるでしょう。彼らの今後の成長が楽しみです。

なお、比較のためにNHK交響楽団の演奏するショスタコーヴィッチ「交響曲第5番 革命」の動画を載せておきます。どれだけのことを園児たちがやっているか、よりはっきり分かるかと思います。

ショスタコーヴィチ 交響曲第5番「革命」第4楽章 - YouTube



・関連記事
【追記あり】東京で風営法改正に向けた「クラブとクラブカルチャーを守る会」が発足 BUZZAP!(バザップ!)

やる気ゼロにしか見えない男が両手両足で4つの楽器を演奏するミラクルな音楽ショー BUZZAP!(バザップ!)

ゴミの山からリサイクルされた楽器を奏でるパラグアイのオーケストラ BUZZAP!(バザップ!)

ギターをまったく別の楽器のように演奏する超絶技巧の高校生 BUZZAP!(バザップ!)

9ヶ月の赤ちゃんの1人バンドミュージック映像シリーズ「ONE BABY BAND!」がかわいい BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加