新しい食べ方「アイスミルクカップヌードル」を日清が提案、裏技的な位置付けに

このエントリーをはてなブックマークに追加



一部のユーザーで愛されてきた「シーフードヌードルに牛乳を入れる」という食べ方を正式に製品のコンセプトとして取り入れた「ミルクシーフードヌードル」が発売されたのは記憶に新しいですが、新たな食べ方として「アイスミルクカップヌードル」が提案されました。



日清食品の特設ページ。夏に向けてカップヌードルライトに氷を入れた「ICEカップヌードル」という食べ方が提案されています。

夏はICEでキーンと、うまい!カップヌードルライト


作り方解説。カップヌードルライトに180mlのお湯を注いだ30秒後にかき混ぜ、2分30秒待った後に180グラムの氷を入れるだけ。カップを持った手がひんやり冷たくなってきた時が食べごろだそうです。


そして裏技として紹介されているのが、シーフードヌードルライトとカレーヌードルライトを対象に、氷の代わりに牛乳を凍らせた「ミルク氷」を入れるという食べ方。冷たくクリーミーな味わいになるとのことですが、一抹の不安がよぎらなくもありません。


なお、ミルク氷を作る際の注意点として、機械の故障や菌による汚染が発生する可能性があるという観点から、冷蔵庫の自動製氷機を使わないことが挙げられています。


・関連記事
レタスで挟み込むモスバーガーの「菜摘」はこれからの季節にぴったりの爽やかさでした | BUZZAP!(バザップ!)

半分残ったアボカドを変色させずに保存する3つのシンプルなステップ | BUZZAP!(バザップ!)

フレッシュネスバーガーのスーパーフード、スピルリナを使った朝食「F朝」レビュー | BUZZAP!(バザップ!)

エナジードリンク「レッドブル」に待望のペットボトルタイプが登場 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加