「Xbox One」はXbox 360との互換性無し、テレビ機能や消費電力、中古対策なども明らかに

このエントリーをはてなブックマークに追加



先ほど発表されたマイクロソフトの新型ゲーム機「Xbox One」には、PS3との互換性が無いPS4同様、Xbox 360との互換性が無いことが明らかになりました。



マイクロソフト公式サイトによると、Xbox 360からXbox Oneに対してゲーマータグやスコアを引き継ぐことはできるものの、Xbox 360の既存ソフトとの互換性は無いことが告知されています。これはXbox Oneが最先端のプロセッサを採用し、クラウドに対応するために設計されたモデルであることを受けたものとのこと。

気になる中古ゲーム対策については、一度遊んだゲームを中古品として売買することについて認めており、今後さらなる詳細を告知する予定。ほかにもKinectが統合されたのはXboxにとって本質的に必要だからと説明されているほか、Xbox Oneのテレビ機能についてはHDMI端子でセットトップボックスなどとの接続が必要としています。

また、Xbox 360と比較して消費電力が大きくなるのかどうかという質問については、エネルギー効率を向上させ、電力消費のアプローチを変えることで低消費電力化を実現しており、「大きくならない」と回答。テレビを統合するなど、リビングに置いて利用することを強く意識している同モデルであるだけに、気を配ったということなのでしょうか。

・次の記事
「Xbox One」を高解像度画像や動画で解説 | BUZZAP!


Microsoft Windows 8 (DSP版) 64bit 日本語(新規インストール用)
マイクロソフト(DSP) (2012-10-26)
売り上げランキング: 5


・関連記事
7.9インチの新型「Surface RT」登場へ、Nexus 7やiPad mini対抗で低価格攻勢も | BUZZAP!(バザップ!)

もうダメかもしれないWindows Phoneやタブレット、モバイルの不振はPCやXboxにも悪影響か | BUZZAP!(バザップ!)

気になるPS4の互換性、実際のところをソニーに問い合わせてみた | BUZZAP!(バザップ!)

ソニーがPS4の出荷台数を下方修正か、ゲーム市場の変化が原因に | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加