ソフトバンク版iPhone 5向けLTEの75Mbps対応エリア更新、東名阪や政令市もカバー

このエントリーをはてなブックマークに追加



先日、ソフトバンクモバイルがiPhone専用に提供している「Softbank 4G LTE」の75Mbps対応エリアは日本の総人口の1%程度にとどまることをお伝えしましたが、本日2013年5月25日(土)付けでエリアマップが更新されました。



サービスエリア | iPhone | ソフトバンクモバイル


ソフトバンクモバイルの公式ページに掲載された「Softbank 4G LTE」のエリアマップでは、2013年5月25日現在、ページ下部に新たに「下り最大75Mbpsが利用できるエリアはこちらからご確認ください」という注意書きと共に、以下の75Mbps対応エリア一覧最新版へのリンクが追加されています。

75Mbps対応エリア | ソフトバンクモバイル株式会社


一部に75Mbps対応エリアを含むことが判明したのは以下の45都道府県。KDDIが「○○県××市△△町□丁目 周辺」と表記しているのに対し、ソフトバンクは「○○県××市△△町 周辺」という表記を採用しています。

北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県


先日まで掲載されていたエリア情報では75Mbps対応エリアが宮城県、埼玉県、大阪府、福岡県の13市町のみとなっていましたが、今回の更新では東名阪の主要都市や政令指定都市での75Mbps化が進みつつあることが分かる内容となっています。

なお、BUZZAP編集部ではすでにソフトバンクモバイルに対して75Mbps対応エリアの実人口カバー率などを問い合わせているものの、現時点では未回答です。

OCN モバイル エントリー d LTE 980 マイクロSIMパッケージ T0003352
NTTコミュニケーションズ (2013-04-08)
売り上げランキング: 8


・関連記事
これがソフトバンクの数字のカラクリ、本当にドコモやauよりもLTEで優位なのか | BUZZAP!(バザップ!)

「実人口カバー率14%」と報じられたau版iPhone 5のLTEについてKDDIに問い合わせてみた | BUZZAP!(バザップ!)

au版iPhone 5は毎秒75MB(600Mbps)で通信できません | BUZZAP!(バザップ!)

EMOBILE LTEが誇大広告、基地局の大半は下り最大18.75Mbps対応で「GL01P」「GL02P」の性能に問題も | BUZZAP!(バザップ!)

「EMOBILE LTE」の18.75Mbps対応基地局はほぼすべて改修済み、イー・モバイルが正式回答 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 日本を席巻中の格安スマホ「Xiaomi Redmi Note 9S」さらに大幅値下がり、6400万画素カメラ搭載の「Redmi Note 9 Pro」も2万円台前半に
  2. 【速報】「ZenFone 5」1万円台半ばに再び値下がり、本格カメラやAIを使った便利機能搭載のかなり使えるSIMフリー格安スマホに
  3. 人気格安スマホ「Xiaomi Redmi Note 9S」128GBモデル大幅値下がりで2万円に近づく、上位機種「Redmi Note 9 Pro(6400万画素カメラ搭載)」も割安に
  4. 「Anker PowerCore lll Fusion 5000」速攻レビュー、大人気の充電器一体型モバイルバッテリーが急速充電対応で超便利に
  5. ハイエンドスマホの本体価格高騰は「Snapdragon 865」が原因、2021年登場の「Snapdragon 875」でさらに値上がりへ

モバイルに関連した楽天商品ランキング