FireFox OS採用の「Peak」「Keon」「ZTE Open」レビュー、1万円以下の超低価格スマフォの実力は?

このエントリーをはてなブックマークに追加



1万円台で買えるFireFox OS採用スマートフォン「Peak」「Keon」が登場したことを以前BUZZAPでお伝えしましたが、1万円以下という超低価格を実現した「ZTE Open」と合わせてワイヤレスジャパン2013で展示されていたので、レビューをお届けします。

AndroidやiOS、Windows Phoneに続く第4のOSとして「Tizen」と共に期待されている同OSですが、格安モデルの実力はいかなるものなのでしょうか。



まずは最も高性能な「Peak」から。第4世代Snapdragon「MSM8225(デュアルコア、1.2GHz)」に4.3インチqHD(960×540)IPS液晶、512MBメモリを搭載しています。







実際にざっと触ってみたところ。開発者向け端末である上、技適の関係で無線通信ができず、USBケーブルを介した有線通信であるため、ところどころ不安定な部分は否めませんが、インターフェースなどはauが2010年冬に発売したAndroidスマートフォン「IS03」あたりを思い出さなくもありません。

Firefox OSスマフォ「Peak」をざっと触ってみた - YouTube


そして初代Snapdragon「7225AB(シングルコア、1GHz)」や3.5インチHVGA(320×240)液晶、512MBメモリ、300万画素カメラ……と非常にスペックを抑えた「Keon」はこんな感じ。







PeakとKeonを並べたところ。担当者のネイルアートがFireFox仕様になっているのも見どころです。


そして1万円以下という超低価格で作ることができるとされる「ZTE Open」。初代Snapdragon「7225A(シングルコア、1GHz)」や3.5インチHVGA(320×240)液晶、256MBメモリと、かなり低めのスペックに。







実際に触ってみたところ。まだ開発者向けの試作機なので仕方が無い部分は多々ありますが、それなりに動いています。

1万円以下のFirefox OSスマフォ「ZTE Open」の実力 - YouTube


ちなみにFireFox OSブースのスタッフに、同OSのメリットについて聞いてみたところ、「スマートフォン本体を安く作ることができる」という点よりも、「アプリ開発のハードルの低さ」や「オープンであること」を挙げていました。

これはアプリの開発にSDKなどが必要無く、極端な話、メモ帳だけでの開発も可能であることや、制約の少ないオープンな開発環境であるため、自らのサービスを組み込みたい携帯電話会社の意向や、自由さを求めるユーザーの意向を幅広く汲み上げることができることによるもの。

先行するAndroidやiOSに対して「可能性」を武器にするFireFox OS。日本国内での製品化は1~2年以内とのことですが、続報が待たれるところです。


・関連記事
もうダメかもしれないWindows Phoneやタブレット、モバイルの不振はPCやXboxにも悪影響か | BUZZAP!(バザップ!)

NTTドコモ加藤社長がiPhone獲得交渉を否定、Samsungなどと新OS「Tizen」に注力へ | BUZZAP!(バザップ!)

アップデートされないAndroid端末に2年縛りは無効、携帯電話会社が提訴される | BUZZAP!(バザップ!)

HuaweiがAppleやSamsungと並ぶ世界三大スマートフォンメーカーになるかもしれません | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加