Xiフェムトセルやマルチバンド基地局など、NTTドコモのLTEエリア拡大の取り組みはこんな感じ

このエントリーをはてなブックマークに追加



NTTドコモがLTEサービス「Xi」のエリアをきめ細かく整備するために昨年12月から提供を開始している「Xiフェムトセル」や、マルチバンド基地局向けアンテナなどがワイヤレスジャパン2013で公開されていました。詳細は以下から。



これが「Xiフェムトセル」本体。ブロードバンドルーターのような外見です。


下り最大112.5Mbps、上り最大37.5MbpsのLTE(Xi)と下り最大14Mbps、上り最大384kbpsの3G(FOMA)の両方を世界で初めてサポート。使用する周波数帯は2.1GHzです。




本体下部にはブロードバンドルーターなどと接続するためのLAN端子。製造元は三菱電機です。


実機を使ったデモでは下り最大100Mbpsを超えるスループットを実現。



「Xiフェムトセル」には自動的に周辺環境に合わせてエリアを調整する機能(プラグ&プレイ機能)が搭載されており、ブロードバンド回線を準備するだけで基地局の運用が可能。人口密集地に積極的に設置することで基地局1台あたりが抱えるユーザーを減らし、通信速度の向上なども期待できます。


そしてこちらは同社が持つ2.1GHz帯、1.7Ghz帯、800MHz帯、1.5GHz帯、700MHz帯のすべてに対応した新開発のマルチバンド基地局アンテナ。従来の4波対応アンテナと同じサイズです。





ドコモはこのようにロケーションに応じて多彩な基地局を整備することで通信網を整備。LTEサービスの品質向上を目指しています。



・関連記事
「docomo Wi-Fi」が最大72.2Mbpsに高速化、セキュリティも強化へ | BUZZAP!(バザップ!)

NTTドコモがLTE基地局を5万局に急拡大、下り最大150Mbpsサービスを最速で展開へ | BUZZAP!(バザップ!)

「ドコモメール」が10月下旬に再延期、正式発表から1年後に提供へ | BUZZAP!(バザップ!)

docomo LTE Xi対応の移動基地局車が導入開始、下り最大112.5Mbps通信も可能に | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加