吊り橋の手すりを綱渡りのように歩くテナガザルのお尻が萌死レベルにかわいい

このエントリーをはてなブックマークに追加



長い手を自由に使って樹上を移動するテナガザル。でも短い足を器用に使ってこんなこともできてしまいます。バランスを取る手とお尻がかわいすぎます。

南アフリカ共和国、プレッテンバーグ・ベイにあるモンキーランドに住むシロテテナガザルの映像です。園内の吊り橋の手すりの上に乗り、器用に後ろ足だけで綱渡りでもするように歩いていきます。

Hilarious! - Gibbon walks the tightrope at Monkeyland! - YouTube


見ていると危なっかしいですが、よたよたとバランスを取りながらも楽しそうに歩いている姿はかわいい限り。たとえ落ちても大丈夫という猿ならではの感覚は人間には真似できそうにありません。


・関連記事
マカロニをほおばる世界最小の猿、体長12cmのピグミーマーモセットが猛烈にかわいい BUZZAP!(バザップ!)

ヒューマンジーこと「オリバー君」が死去、「人間とチンパンジーの中間」として話題を集める BUZZAP!(バザップ!)

「猿にテクノミュージックは作れるのか?」を本当に実験してしまった映像 BUZZAP!(バザップ!)

海中を泳ぐリュウグウノツカイを世界で初めて撮影した映像 BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加