【追記あり】イー・モバイルが本社を移転か、ソフトバンクと同じビルに



今年1月に株式交換を完了させ、ソフトバンクの傘下となったイー・アクセス(イー・モバイル)が本社を移転させる可能性があることが明らかになりました。



BUZZAP編集部に送られてきた読者からのタレコミによると、イー・アクセス本社が近日中にソフトバンクと同じビルに移転する予定であるそうです。

イー・アクセス本社は現在、かつてNTTドコモが本社を構えていた「虎ノ門ツインビルディング」にありますが、本当に移転するのであれば、ソフトバンク本社と同じ「東京汐留ビルディング」の1フロアに入居することになります。

ちなみにイー・アクセスの近くにある「虎ノ門36森ビル」に本社を構えていたウィルコムはソフトバンク傘下となったことを受け、2011年6月に東京汐留ビルディングに移転したため、決して有り得ない話では無さそうです。

・6月20日16:20追記
イー・アクセスに今回の情報について問い合わせてみたところ、「本社を東京汐留ビルディングに移転する予定があるという事実はございません」という回答でした。

ただしウィルコムについても移転の2週間前になって突然告知されていたほか、ソフトバンクとウィルコム、イー・モバイルのネットワークを相互利用するなど、各社の連携が急ピッチで進められているため、今後も移転する可能性がゼロというわけではありません。


・関連記事
「EMOBILE LTE」が月額2480円に、一部店舗で特別セール実施中 | BUZZAP!(バザップ!)

月額基本料が1980円に、PHS搭載Wi-Fiルーター「PORTUS」のキャンペーンに潜む罠 | BUZZAP!(バザップ!)

イー・モバイルが下り最大300MbpsのLTEを実験へ、現行の4倍の速度に | BUZZAP!(バザップ!)

ウィルコムがLTEなどの高速通信サービスを展開するかもしれません | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も
  2. 【速報】「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  3. 新型「iPad Pro」や「iPad Air 5」「iPad 10」が大幅刷新されて2022年発売へ、Mac ProやiMacもモデルチェンジか
  4. Xiaomi「POCO X3 Pro」ほぼ2万円に値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載で格安スマホの決定版に
  5. Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も

モバイルに関連した楽天商品ランキング