あの「Windows 7ケータイ F-07C」が最終入荷、特価で放出中

このエントリーをはてなブックマークに追加



「Windows Phone 7」を採用したスマートフォン……ではなく、パソコン用OS「Windows 7」を採用した携帯電話「F-07C」が「最終入荷品」として特価販売されていることが明らかになりました。



Windows(R) 7ケータイ F-07C | ドコモオンラインショップ | NTTドコモ


NTTドコモのオンラインショップでは、2013年6月26日現在、「最終入荷」として2011年夏モデルとして発売された「F-07C」が台数限定で販売されています。

本体価格は税込6万8880円で、「ひとりでも割50」「定額データ割」などの各種2年契約プランを契約した場合、新規契約・機種変更・MNP利用時のいずれも「ドコモオンラインショップ割」として5万3130円が割り引かれ、1万5750円で購入できます。

「Windows 7ケータイ F-07C」本体。Windows 7とフィーチャーフォン向けOSのデュアルブートが可能なモデルで、1024×600のSVGAタッチパネル液晶やIntel Atom プロセッサZ600(1.2GHzモデルを600MHzで駆動)、1GBメモリ、32GBフラッシュメモリを搭載。下り最大7.2Mbps、上り最大5.7MbpsのFOMAに対応しています。


トラックボールやスライド式キーボードも搭載。「Microsoft Office Personal 2010 2年間ライセンス版」によってビジネス文書の編集も可能です。


背面には510万画素カメラ。ただしケータイモード時しか動作しない点に注意が必要。ちなみにWindows 7モードでのバッテリー駆動時間は約2時間となります。


ここまで冒険した機種は非常に珍しく、かなり好事家向けのモデルでありますが、一体どれくらいのユーザーがお買い得と感じるのかが気になるところです……。


・関連記事
「HTC J butterfly」がまさかの大幅値下げ、「Xperia UL」よりお買い得に | BUZZAP!(バザップ!)

Windows 8が格安販売中、なぜかマウス10個付き | BUZZAP!(バザップ!)

月額基本料が1980円に、PHS搭載Wi-Fiルーター「PORTUS」のキャンペーンに潜む罠 | BUZZAP!(バザップ!)

「EMOBILE LTE」が月額2480円に、一部店舗で特別セール実施中 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加