Softbank 4GとEMOBILE LTEが使える「Pocket WiFi 203Z」、なんと月額3880円で利用可能に

このエントリーをはてなブックマークに追加



下り最大110Mbps、上り最大10MbpsのAXGPサービス「Softbank 4G」と下り最大75Mbps、上り最大25Mbpsの「EMOBILE LTE」の両方を使えるマルチネットワーク対応モバイルWi-Fiルーター「Pocket WiFi 203Z」の料金プランがついに発表されました。



「Pocket WiFi 203Z」7月19日より予約受け付けを開始~マルチネットワーク対応のモバイルWi-Fiルーター向け料金プラン「4Gデータし放題フラット+」を提供開始~ | ソフトバンクモバイル株式会社

ソフトバンクモバイルのプレスリリースによると、同社は「Pocket WiFi 203Z」の発売に合わせ、基本使用料5985円(別途4Gデータ通信基本料月額525円)の新料金プラン「4Gデータし放題フラット+」を提供するそうです。

また、発売に合わせて「4Gデータし放題フラット+特別キャンペーン」「4Gデータし放題フラット+機種変更キャンペーン」の2つが提供される予定で、それぞれの内容は以下。なんと月額3880円での利用も可能です。

◆4Gデータし放題フラット+特別キャンペーン
キャンペーン期間中に「Pocket WiFi 203Z」を購入すると「4Gデータし放題フラット+」が月額3880円、「4Gデータ通信基本料」無料でずっと利用できるキャンペーン。「4Gデータし放題フラット+」加入と新スーパーボーナスでの購入が必要。

◆4Gデータし放題フラット+機種変更キャンペーン
「データし放題フラット for ULTRA SPEED」「データし放題 for ULTRA SPEED」「データフラットプラン for ULTRA SPEED」「データフラットプランS」加入で、契約変更で「Pocket WiFi 203Z」を購入するユーザーを対象に契約変更手数料(3150円)を無料にするキャンペーン。

さらに契約変更時まで利用していたモバイルルーターで残っている分割支払金と同等の金額を毎月の「4Gデータし放題フラット+」の利用料金から割引。「Pocket WiFi 203Z」発売日から2014年1月13日まで受付。

なお、気になるデータ通信量制限ですが、毎月のデータ量が7GBを超えた場合、月末まで通信速度を送受信時最大128kbpsに減速されるものの、サブ回線(イー・モバイル)での利用分は2013年12月までデータ量のカウントおよび低速化の対象外となります。

「Softbank 4G」「EMOBILE LTE」に加え、ソフトバンクモバイルが提供する下り最大42MbpsのDC-HSDPA「ULTRA SPEED」や下り最大21Mbpsの「EMOBILE G4」などの3Gサービスにも対応する「Pocket WiFi 203Z」。プラチナバンド非対応なのが惜しまれるものの、月額3880円で複数のネットワークを利用できるのは非常に魅力的ではないでしょうか。


・関連記事
イー・モバイルもAXGP、LTE両対応の「Pocket WiFi GL09P」を月額3880円に、サービス名は「EMOBILE 4G」 | BUZZAP!(バザップ!)

【写真追加】AXGP、LTE、3Gフル対応の「Pocket WiFi 203Z」速攻レビュー | BUZZAP!(バザップ!)

LTE、AXGP、3G全対応「Pocket WiFi GL09P」レビュー、「203Z」の兄弟機に | BUZZAP!(バザップ!)

イー・モバイルが下り最大300MbpsのLTEを実験へ、現行の4倍の速度に | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加