「MEDIAS」「G’z One」新規開発凍結、NECがスマートフォン事業から撤退へ



Lenovoとの携帯電話事業統合を検討していたNECがスマートフォン事業から撤退することが報じられました。



NEC、スマホ撤退へ レノボとの携帯統合見送り  :日本経済新聞

日本経済新聞社の報道によると、NECがLenovoと交渉していた携帯電話事業の統合が見送られる見通しだそうです。

これはパソコン事業同様、NECがLenovoに半分以上の出資を望んでいたものの、条件が折り合わなかったことを受けたもの。

NECは独力での事業維持を困難と判断し、NECだけでなくCASIOブランドを含めたスマートフォンの新規開発を凍結する方針で、今後はフィーチャーフォン事業に特化し、収益改善を図るとされています。

ちなみにNECの携帯電話事業のシェアは2001~2004年度に「N503i」などで絶頂を迎えていましたが、スマートフォンへのシフトが本格化した2010年度以降は急速に下落。2012年度は8位と、風前の灯火となっています。

・NECの携帯電話事業シェア
1位(2001~2004年度)→3位(2005年度)→4位(2006年度)→5位(2007年度)→3位(2008年度)→4位(2009年度)→4位(2010年度)→7位(2011年度)→8位(2012年度)


・12:20追記
NECが報道内容に対して、自社で発表したものではなく、決定した事実が無いとコメントを発表しています。

当社に関する一部報道について

本日、当社の携帯電話端末事業に関する一部報道がありましたが、当社として発表したものではありません。
市場が急激に変化する中で当社は様々な検討を行っておりますが、報道された内容について決定した事実はありません。


しかし2013年夏モデルとしてリリースしたのがNTTドコモ向けの「MEDIAS X N-06E」1機種のみで、しかもツートップのあおりを受けて販売台数は1万台前後という現状を考えると、少なくとも単独で事業を続けるのが困難という部分については間違いないのではないか……と考えざるを得ません。


・関連記事
ドコモのツートップが生んだ具体的な数字が判明、Xperia Aは83万台でELUGAやMEDIASは1万台前後に | BUZZAP!(バザップ!)

ついにiPhoneが国内シェア1位獲得、NECやパナソニックは風前の灯火に | BUZZAP!(バザップ!)

2013年の新機種いまだゼロ、携帯電話各社のフィーチャーフォン戦略に物申す | BUZZAP!(バザップ!)

まさに栄枯盛衰、携帯電話メーカー各社のシェアを2001年から振り返ってみた | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】Xiaomi「POCO F3」再び値下げ、10万円級の性能が価格1/3でiPhone 13 Pro Maxと同じ大画面120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、液冷機構搭載の格安スマホ
  2. 【速報】iPad Air対抗の新型タブレット「Teclast T40 Plus」1万円台に値下げ、8GBメモリや4スピーカー採用でゲームや動画視聴、カーナビ用途など大活躍
  3. 「iPhone 13」はauにMNPして基本料0円の「povo 2.0」契約が最安に、ドコモやソフトバンク、楽天モバイルと比べてみた
  4. 【速報】「iPhone SE一括1円」めぐるドコモ、au、ソフトバンクの激戦はiPhone 13商戦中も続行、本体のみ購入でも割引で新規契約・機種変更も格安に
  5. 【速報】1万円の格安タブレット「Teclast P20HD」爆誕、ステレオスピーカー採用で動画視聴やビデオ会議、カーナビにも活躍のSIMフリーモデル

モバイルに関連した楽天商品ランキング