性能が大きく向上した新型Nexus 7、はたしてどれだけ「買い」なのか

このエントリーをはてなブックマークに追加



先ほどGoogleが正式発表した新型Nexus 7を性能面から解説してみます。

コストパフォーマンスの高さが際立っていた初代ですが、はたして新型はどれほど「買い」なのでしょうか。



まずは新型Nexus 7の本体外見。



120万画素フロントカメラに加えて、背面に新たに500万画素カメラを搭載。


7インチのディスプレイはそのままに2.75mm幅が細くなり、1.8mmの薄型化に成功。さらに50グラム軽量化されています。


気になる性能面をざっと書き出すとこんな感じ。

ディスプレイ:7インチWUXGA(1920×1200)液晶
プロセッサ:Snapdragon S4(1.5GHz、クアッドコア)
RAM:2GB
カメラ:前面が120万画素、背面が500万画素


事前情報通り、プロセッサがNVIDIAの「Tegra」からクアルコムの「Snapdragon」へと変更されましたが、「HTC J One」や「AQUOS Phone ZETA」など、携帯電話各社の2013年夏モデルに相次いで採用された最新の「Snapdragon 600(1.7GHz)」ではなく、1世代前の「Snapdragon S4(1.5GHz)」採用に。これは4月に発売されたソニーの「Xperia Tablet Z」と同じものです。

しかしながら高音質なサラウンドを生成できる「Fraunhofer」の技術を用いたステレオスピーカーを備えたほか、2.4GHzと5GHzの両方の周波数を同時に使ってデータを送信できる「デュアルバンドWi-Fi」にも対応。さらにHDMI出力、Bluetooh 4.0、NFC、ワイヤレス充電などを備えることで、初代よりも使い勝手に影響する部分が強化されています。


初代と新型Nexus 7の性能を比較するとこんな感じ。処理能力に至ってはCPUが1.8倍、GPUが4倍に向上。


なお、新型Nexus 7のアメリカでの販売価格(16GBモデル)は229ドルで、昨年同国で初代が発売された時の価格(249ドル、3ヶ月後に199ドルに値下がり)よりも安価となりますが、円安傾向であるため、日本市場での価格は初代を上回る2万円超えとなる可能性も。

しかし前述のXperia Tablet Zが4万円台後半で販売されている現状などを考えれば、仮に若干の値上がりがあったとしても新型Nexus 7の価格競争力は依然として強く、購入対象として十分視野に入るのではないでしょうか。

・関連記事
新型「Nexus 7」や「Chromecast」をGoogleが正式発表 | BUZZAP!(バザップ!)

第2世代にあたる新型iPad miniは年末発売か、Retina Display搭載の有無が焦点に | BUZZAP!(バザップ!)

Googleが次世代Androidや廉価版スマフォ、ゲーム機などを開発中、あらゆる企業と正面衝突へ | BUZZAP!(バザップ!)

7.9インチの新型「Surface RT」登場へ、Nexus 7やiPad mini対抗で低価格攻勢も | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加