新型「Nexus 7」や「Chromecast」をGoogleが正式発表

このエントリーをはてなブックマークに追加



Googleがプレスイベントで新型「Nexus 7」に加え、あらゆるテレビが数多くのコンテンツを楽しめるようになり、スマートフォンなどとも連携できる「Chromecast」を発表しました。



いよいよイベント開始。GoogleはAndroidとChromeを推進してきました。


2013年、タブレット端末はPCの売り上げに匹敵する規模に。


Androidタブレットのアクティベーション数は7000万台に達しており、Nexus 7は伸びに大きく貢献。なんと世界的に見ても日本でのヒットが著しいそうです。


そして新型Nexus 7正式発表。1920×1200の高精細ディスプレイを搭載し、薄型化に成功。








ホームシアターのような立体音響を実現する「Fraunhofer」採用


「Xperia A」などと同じSnapdragon S4 1.5GHz、2GB RAMメモリ、デュアルバンドWi-Fi、Bluetooth 4.0、HDMI出力、NFC、ワイヤレス充電などを搭載。Androidのバージョンは4.3で、LTEモデルはアメリカ市場向けのみ。





新技術「Bluetooth SMART」により低消費電力化を実現。


Unityでのゲーム開発にも対応。DRM向けのAPIも提供されます。



プロファイル制限付きのマルチユーザー機能などをサポートした「Android 4.3」はGalaxy Nexusなどにもアップデートで提供。


新サービス「Google Play Games」はクラウドセーブ、実績、マルチプレイなどに対応。高解像度液晶や高性能プロセッサ、Open GL ES 3.0対応などにより、ゲーム機としてのアドバンテージを高めています。



各種ゲームもぬるぬる動いています。



学術書の販売


初代と新型の比較。ディスプレイ、スピーカー、プロセッサ、メモリ、カメラなど、あらゆる面で進化。アメリカでは7月30日発売で、日本などでも数週間以内に発売されます。





続いてはChoromeに関する内容。新端末「Chromecast」はパソコンやタブレットのコンテンツに加え、YouTubeなどをテレビで楽しめるようになります。





「スマホで動画を選んでテレビで再生」といった真似もできます。


Netflixにも対応。1080pの高画質動画も再生可能です。


ブラウジングの様子などをテレビに出力することも可能。動画を再生した場合、自動で全画面に移行も。


AndroidだけでなくiOSでも利用可能に。さらに近いうちにChromeなどにも対応し、本体価格は35ドル。




以上で発表会は終了です。

Google Press Event - 7/24/13 - YouTube

Live from Google's 'breakfast with Sundar Pichai' event - The Verge

このエントリーをはてなブックマークに追加