NECがスマートフォン撤退決定、「MEDIAS」「G’z One」開発終了

このエントリーをはてなブックマークに追加



NECがスマートフォンからの撤退を正式発表しました。



携帯電話端末事業の見直しについて (2013年7月31日):プレスリリース | NEC

NECのプレスリリースによると、同社はNECカシオモバイルコミュニケーションズが担う携帯電話端末事業の見直しを決定したそうです。

具体的には本日付で「MEDIAS」「G'z One」などのスマートフォン新規開発を中止し、現在販売中の機種をもって生産および販売を終了するというもので、スマートフォンに関する保守は引き続き提供。また、フィーチャーフォンの生産およびタブレット事業については継続するとしています。

なお、NECは今回の決定について以下のようにコメント。スケールメリットを維持できなかったことによるものであるとのことです。

スマートフォンの急速な普及など携帯電話端末の市場が大きく変化する中、競争力の維持・強化にはスケールメリットが重要となっています。しかしながら、当社の携帯電話端末事業は出荷台数が減少傾向にあり、今後の業績改善を見通すことが難しくなっています。こうした状況を踏まえ、当社は、携帯電話端末事業の方向性について総合的に検討した結果、このたびの決定にいたりました。


なお、NECは生き残りをかけてPC事業を統合したLenovoに携帯電話事業の統合を打診していましたが、条件が折り合わずに破談。グローバル展開を成功させているソニーと交渉するという情報もありましたが、上手くいかなかったようです。

明るく見やすいカラー液晶を備え、大音量の着信音などを楽しめたことで爆発的なヒットを記録した「N502i」など、フィーチャーフォン時代は我が世の春を謳歌していたNEC。


頑強な「G'z Oneケータイ」などのユニークなモデルを手がけ、au向けパナソニック端末の開発も引き受けていたカシオ日立モバイルコミュニケーションズを吸収したにもかかわらず、このような事態となってしまっただけに、残念に思わざるを得ません。

・関連記事
ツートップ戦略でメーカーを切り捨てたNTTドコモは「悪者」なのか | BUZZAP!(バザップ!)

ARROWS不振で富士通が赤字、秋冬商戦で「ツートップ」狙いに | BUZZAP!(バザップ!)

iモードやmova、FOMAからスマフォまで、NTTドコモの歴史を振り返ってみた | BUZZAP!(バザップ!)

ついにiPhoneが国内シェア1位獲得、NECやパナソニックは風前の灯火に | BUZZAP!(バザップ!)

ドコモのツートップが生んだ具体的な数字が判明、Xperia Aは83万台でELUGAやMEDIASは1万台前後に | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加