パナソニックがNTTドコモ向けスマートフォンを開発中止か



本日スマートフォン事業からの撤退を表明したNECと並んで苦境に立たされているパナソニックがスマートフォン開発を中止する可能性を示唆しました。



パナ、ドコモ向けスマホの開発中止も - 47NEWS(よんななニュース)

パナソニック4―6月期営業益は+66.3%、固定費圧縮・円安が寄与 | テクノロジーニュース | Reuters

パナソニック常務、スマホ「大変厳しい」「近々に方向性出す」  :日本経済新聞

報道各社によると、パナソニックの2013年4~6月期決算会見において、河井英明常務がスマートフォン事業について「ツートップ戦略などから見ても大変厳しいのは間違いない」とコメントしたそうです。

そして54億円の営業赤字(前年同期は37億円の赤字)を計上した同事業について、どのように継続するかなど「近々に方向性を出していかなくてはならない」という認識を示し、NTTドコモ向けスマートフォンの開発中止を示唆したとのこと。

なお、パナソニックの携帯電話事業については今年3月にHTCやTSMCなどへの売却を検討していることが報じられたほか、マイクロソフトと提携して法人向けWindows Phoneの展開も検討中。

しかし仮にNTTドコモ向けスマートフォンから撤退したところで、iPhoneを「ワントップ」状態で販売しているKDDIやソフトバンクでは活路を見いだすこともできないのが現状です。

さらにマイクロソフトと携帯会社の条件が折り合わず、国内でのWindows Phone発売は大幅に遅れており、第3のOS「Tizen」スマートフォンが先に発売されかねない状況となっていますが、パナソニックはどのような結論を出すのでしょうか。

・関連記事
NECがスマートフォン撤退決定、「MEDIAS」「G’z One」開発終了 | BUZZAP!(バザップ!)

ツートップ戦略でメーカーを切り捨てたNTTドコモは「悪者」なのか | BUZZAP!(バザップ!)

ARROWS不振で富士通が赤字、秋冬商戦で「ツートップ」狙いに | BUZZAP!(バザップ!)

iモードやmova、FOMAからスマフォまで、NTTドコモの歴史を振り返ってみた | BUZZAP!(バザップ!)

ついにiPhoneが国内シェア1位獲得、NECやパナソニックは風前の灯火に | BUZZAP!(バザップ!)

ドコモのツートップが生んだ具体的な数字が判明、Xperia Aは83万台でELUGAやMEDIASは1万台前後に | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 人気格安タブレット「Alldocube iPlay 40H」2万円に値下げ再び、ハイエンドスマホ並の8GBメモリ搭載でゲームや動画、ナビにも使える性能十分のSIMフリーモデル
  2. Anker「ポケモンデザインUSB急速充電器」値下げ、小さくて可愛いのに超高性能なピカチュウなど3種類の特別モデル
  3. 新型格安タブレット「Xiaomi Pad 6」詳細明らかに、高精細な120Hzディスプレイ搭載で指紋認証や急速充電対応など充実の1台に
  4. 「Nothing Phone (2)」はSnapdragon 8 Gen 2+搭載のフラッグシップスマホか、12GBメモリや5000mAhバッテリーなど詳細判明
  5. Xiaomi格安スマホ「Redmi Note 11s」ほぼ過去最安に、大画面有機ELや1億画素カメラ、ステレオスピーカーに液冷機構など機能充実の1台

モバイルに関連した楽天商品ランキング