【食事中注意】15トンの巨大な脂肪の塊がロンドンの下水道に出現【動画あり】

このエントリーをはてなブックマークに追加



ロンドンの地下に恐ろしく巨大で醜悪な物体が出現したようです。「脂肪の氷山」と名付けられたこのおぞましい塊の正体は何なのでしょうか?

この巨大な脂肪の塊がロンドンの下水道で発見されたのは今年の7月4日。とあるロンドン市民がトイレが流れないと苦情を出したことから下水道管理者が調査したところ、下水の中にこの恐ろしい物体が出現していたことが判明。

その総重量はなんと15トンにも及んでいたとのこと。この塊が出現した理由は、下水に流される食品の脂肪と水に溶けないウェットティッシュが入り交じってへばりついたためで、下水道のキャパシティは本来の5%程度にまで低下。除去作業には3週間を要しました。

実際どんな様子だったかは以下の動画から。ただし、食事中にはおすすめしません。


日本ではここまで脂肪の多い食事をする人も多くなさそうですし、何より溶けないティッシュや紙を下水に流す習慣はないのでこうした問題は起こらなそうですが、それにしても下水道がしっかりしていることのありがたさを噛み締めさせられます。

トコトンやさしい下水道の本 (今日からモノ知りシリーズ)
高堂彰二
日刊工業新聞社
売り上げランキング: 55,254


・関連記事
ドリトス風呂や鬼盛りナゲットなど、大量の食べ物が並んだパラダイスいろいろ BUZZAP!(バザップ!)

金箔入りウンコを排泄できる純金入りカプセル BUZZAP!(バザップ!)

「少なくとも肉の味はする」世界初の試験管培養ビーフハンバーガー試食が行われる BUZZAP!(バザップ!)

誰得!?イギリスの回転寿司チェーンがスシコプター「iTray」を世界ではじめて導入 BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加