誰得!?イギリスの回転寿司チェーンがスシコプター「iTray」を世界ではじめて導入

このエントリーをはてなブックマークに追加



スシトレインという名前で知られる海外の回転寿司。食文化の極北と呼ばれるイギリスの回転寿司チェーンが空を飛ぶスシコプターを導入したことが明らかになりました。いったい何がしたいのでしょうか?

この奇策をサービスに取り入れたのはイギリス発の回転寿司チェーンのYo!Sushi。「iTray」という、まるでAppleの新製品を思わせる名前ですが、タブレットを使ってトレイを載せた無人小型ヘリを操縦し、食事をお客様に提供します。

ちなみに提供するのはスシではなく、モスバーガーなどでもお馴染みのライスバーガー、YO!BURGERのプレート。操縦するウェイトレスのたどたどしさは動画を見ているこちらもヒヤヒヤもの。


どう考えても手で運んだほうが時間もかからず安全ですが、食事に奇抜さとスリルを導入するのが目的だとすれば新宿のロボットレストランと似た発想なのかもしれません。動いている動画は以下から。

YO! Sushi The world's first flying waiter - the 'iTray' - YouTube


なお、このライスバーガーは日本米を使い、照り焼きチキン、キムチサーモン、エビカツ、ティラピアカツ、豆腐カツの5種類から具を選べるとのこと。付け合せは大根のピクルスサラダ、揚げ海苔、味噌ケチャップだそうです。


味に関してはイギリスの日本食だけに日本人からの評判はイマイチ。現在はロンドン中心部、ソーホーのポーランド・ストリートにある第1号店でのみ実施中で、来年からイギリス中に広めるとのこと。

話題作りにいかがでしょうか?

Yo! Sushi: The Japanese Cookbook
Kimiko Barber
Harpercollins Pub Ltd
売り上げランキング: 358,278


日本人が知らない世界のすし (日経プレミアシリーズ)
福江 誠
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 42,643


・関連記事
イギリス人の歌う「すしソング」のPVがどこからツッコんでいいのか分からないヒドさ BUZZAP!(バザップ!)

外国人がSUSHIを人体で表現するとこうなる BUZZAP!(バザップ!)

マジキチにもほどがある「闇夜に光るSUSHI」がアメリカで人気に BUZZAP!(バザップ!)

ロシアさんが群馬を破った!世界最長2.5kmのカッパ巻き BUZZAP!(バザップ!)

寿司で巨大な絵画を描く試みがウクライナで行われる BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加