イギリス人の歌う「すしソング」のPVがどこからツッコんでいいのか分からないヒドさ

このエントリーをはてなブックマークに追加



とかく誤解されがちな日本文化。それは今や世界中で愛されている寿司ですら変わりません。またもやノリノリで間違いだらけのPVが届きました。

この「The Sushi Song」を歌っているのはイギリスのコメディアンで俳優のAdam Buxton氏。イギリス人だけに本当に誤解しているのか、持ち前のブラックユーモアを発揮して悪ノリしているのかは判断に苦しむところですが、ヒドいことには変わりはありません。

最早定番となった女体盛り。ホタテのブラが邪魔です。


思いっきりインスマス面をした深きものどもの一員とみられる女性の股下に寝転んでいます。


動画は以下から。念のため職場注意です。


確かに日本でも超有名お魚ソングで「しめ鯖」を魚の名前と間違えるというハプニングもありました。ましてや海外の文化を正しく理解して表現するのは至難の業なのかもしれません。

・関連記事
マジキチにもほどがある「闇夜に光るSUSHI」がアメリカで人気に BUZZAP!(バザップ!)

ロシアさんが群馬を破った!世界最長2.5kmのカッパ巻き BUZZAP!(バザップ!)

寿司で巨大な絵画を描く試みがウクライナで行われる BUZZAP!(バザップ!)

マクドナルドのチーズバーガーがカナダのとあるお宅で1歳の誕生日をむかえました BUZZAP!(バザップ!)

破壊的カロリーのアメリカンスナック「揚げバター」 BUZZAP!(バザップ!)

【食事中注意】食べる、飲むだけじゃ飽き足らない、ロンドンのマヨラー女性が強烈過ぎる BUZZAP!(バザップ!)

パンツの中にお酒を隠し、股間から直に注いで飲める究極のボトル BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加