全裸でスピリチュアルな探求のために森に入った19歳の少女が謎の失踪

このエントリーをはてなブックマークに追加



世界中に宗教的な修行や苦行は存在していますが、アメリカ合衆国ワシントン州でそうした探求を行なおうとした少女が険しい森の中で謎の失踪を遂げました。

失踪したのはアメリカ合衆国ワシントン州に住む19歳のMaureen Kellyさん。


場所はワシントン州の南西部に位置するギフォード・ピンショー国有林のキャンプ場で、1980年に大噴火を起こしたセント・ヘレンズ山もこの国有林に含まれています。

Mount St. Helens Erupting - YouTube


Kellyさんは「スピリチュアルな探求」を行うためにこの国有林のCyanion Creekと呼ばれる場所のキャンプ場を訪れ、日曜日の早朝に森の中へと入って行きましたが、その時彼女は服や靴を身に付けない全裸の状態で、ナイフとコンパスだけを入れた袋のみを携帯していました。

捜査チームによると、レスキュー犬を使って調べたところ、舗装路が途切れるところからKellyさんの足取りは途絶えていたとのこと。このエリアは深い森と藪に覆われている上、名前通り険しい谷が走っており、Kellyさんが裸足のままで谷に降り、小川を渡って向かいの谷をよじ登るのは非常に困難なはずだとしています。


何らかの事故や事件に巻き込まれたのか、それともスピリチュアルな探求は続いているのかは不明です。現時点でもKellyさんは発見されておらず、現地時間火曜日の朝から捜査が再開される見通しとなっています。

修行や苦行を行うにあたっては指導者的な立場の人間が必要とされますが、完全にひとりの場合は思わぬ危険にさらされる可能性があることに気をつけた方がよさそうです。

スピリチュアリティ革命―現代霊性文化と開かれた宗教の可能性
樫尾 直樹
春秋社
売り上げランキング: 373,770


・関連記事
不食を実践し、太陽光のみで生きようとしたスイス人女性が餓死 BUZZAP!(バザップ!)

険しい岩山をたったひとり、人力だけで削って道を作ったインド人 BUZZAP!(バザップ!)

地球上の主要宗教の5000年の歴史がひと目で分かる動画 BUZZAP!(バザップ!)

人はなぜ許し、忘れるべきなのか BUZZAP!(バザップ!)

民主主義で最高の結果を得られるほど人類は賢くない、という衝撃的な研究 BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加