人はなぜ許し、忘れるべきなのか

このエントリーをはてなブックマークに追加


Photo by fradaveccs

怒り、憎しみ、悲しみ、許せないことや忘れられないことは人生で少なからず起こります。それでも人は許し、忘れた方がいい、とのこと。いったいそれはなぜなのでしょうか?

Why you SHOULD forgive and forget - it's good for your heart Mail Online

「許し」ということは多くの宗教の中で非常に重要な意味を持っています。それは精神や魂の問題として受け止められていますが、肉体的な健康の面からも重要であることが新しい研究で分かりました。

サンディエゴのカリフォルニア大学の研究者たちは、自らの怒りをやり過ごすことのできる人は、血圧の急上昇が起こりにくいことを発見しました。

彼らは実験において200人以上のボランティアに対して、過去友人に気分を害された時のことを思い浮かべてもらいました。被験者の半数にはその時友人がどのようにして自分を怒らせたのかを考えてもらい、残りの半数には友人を許すことを中心に考えてもらいました。

被験者たちはその後5分ほどの休憩を挟み、再びその出来事について同じように考えるよう指示されました。参加者たちは血圧と心拍数をモニターする装置に接続されています。

Britta Larsen博士のチームの結果の比較によると、最初のセッションにおいて「怒らせた内容」をメインに考えたグループには「許すこと」をメインに考えたグループよりも高い血圧上昇が見られました。また、その血圧上昇は休憩を挟んだ後にも見られたということ。ただし、心拍数については有意な差は見られませんでした。

一時的な血圧の上昇は誰にでも起こりうることですが、長時間の血圧上昇や高血圧症は心筋梗塞や脳卒中のリスクを高めます。この結果から、研究者たちは「『許し』はストレスになるできごとへの身体的な反発を弱め、肉体に及ぼす影響に対して持続的な防御効果を持つと考えられる」としています。



血圧が上がる原因は肥満や塩分、糖分、カフェインなどの取り過ぎに運動不足など、数え切れないほどあります。しかしこのストレス社会に生きる上で、自分の心持ち次第でリスクを減らせるのならば、嫌なことがあった時の考え方を少し変えてみる価値はありそうです。

本当に許せないことも多い世の中、ちょっとした嫌なことは水に流して忘れることで、心身共に健康になってみませんか?

・関連記事
女性のIQスコアが男性を追い越しつつある、という研究結果が発表される BUZZAP!(バザップ!)

民主主義で最高の結果を得られるほど人類は賢くない、という衝撃的な研究 BUZZAP!(バザップ!)

20代女性と60ドルで1時間ベッドの中で抱きあえるサービスが誕生、ただし性的な意味ではなく BUZZAP!(バザップ!)

インドのストリートチルドレンたちが自分達の将来のためにリアル子供銀行を設立 BUZZAP!(バザップ!)

不食を実践し、太陽光のみで生きようとしたスイス人女性が餓死 BUZZAP!(バザップ!)

人類に起因する地球温暖化は起こっておらず、むしろ今後寒冷化するという予測が出される BUZZAP!(バザップ!)

アメリカ合衆国中央部で人工地震を疑われるM3以上の地震が激増している BUZZAP!(バザップ!)

2030年には相手なしの電脳セックスで快楽を得られる社会が訪れる? BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加