「Nexus 4」がいまさら国内発売へ



Googleの「Nexus 4」がいきなり国内発売されました。



ビックカメラ.com|商品一覧ページ


「ビックカメラ.com」によると、Googleのスマートフォン「Nexus 4(16GBモデル)」のブラックとホワイトが8月30日(金)に発売されることが告知されています。価格は4万9800円。

Nexus 4はキズが付きにくい「ゴリラガラス2」採用の4.7インチWXGA(1280×768)IPS液晶、クアルコムのクアッドコアプロセッサ「Snapdragon S4 Pro」、2GBメモリなどを搭載したAndroid 4.3スマートフォンで、前面には130万画素、背面には800万画素カメラを搭載。バッテリー容量は2100mAhとなっています。

なお、気になる3Gの対応周波数帯はこんな感じ。下り最大42MbpsのDC-HSDPAにも対応したSIMロックフリーモデルなのでNTTドコモやソフトバンクモバイル、イー・モバイル回線での利用が期待されます。

GSM/UMTS/HSPA+
GSM/EDGE/GPRS(850、900、1800、1900 MHz)
3G(850、900、1700、1900、2100 MHz)
HSPA+ 42


まさに突然といったところですが、問題はNexus 4が昨年11月13日に発売されたモデルであるという点。フルHDモデル全盛の今となっては時代遅れのスペックである上に、本体価格も決して安くないわけですが、購入する猛者はいるのでしょうか。

・関連記事
タブレットメーカー各社が懸念する「廉価版iPad mini」の脅威とは? | BUZZAP!(バザップ!)

性能が大きく向上した新型Nexus 7、はたしてどれだけ「買い」なのか | BUZZAP!(バザップ!)

なんとNexus 7以上、新型Kindle Fire HDは超ハイスペックか | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】「iPhone SE一括1円」ドコモ、au、ソフトバンクのバトル継続中、本体のみ購入でも割引で128GBモデルも格安に
  2. 【速報】10万円級の性能で価格1/3のXiaomi「POCO F3」過去最安に、120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリーにゲーマー向け液冷機構も
  3. 【速報】ソフトバンクがPixel 6 Proやバルミューダスマホ独占販売へ、5G対応AirやYoutube Premium無料発表、実質半額の「スーパーPayPayクーポン」も
  4. KDDI(au)が「新サービス発表会」開催、基本料0円の新プラン「povo 2.0」に加え、鉄道や繁華街での5Gエリア拡大、高速衛星ブロードバンドも
  5. AnTuTu60万オーバーのXiaomi「POCO X3 GT」3万円半ばに、立体音響や爆速充電、マルチキャリア対応の超コスパ格安スマホ

モバイルに関連した楽天商品ランキング