iPhone 5s/5cを「ワントップ」に据えたNTTドコモ、まさかの全方位値引きはどれだけえげつないのか

このエントリーをはてなブックマークに追加



NTTドコモがiPhone 5cおよびiPhone 5sの本体価格を発表しました。

機種変更時の本体価格を新規契約やMNPと同額にまで値引く「iPhoneかいかえ割」で既存顧客の流出を抑えつつ、元ドコモユーザーへの割引やこの時期としては珍しい学割の導入、極めつけには他社版iPhoneの下取りまで行っており、まさに「本気」としか言いようのない事態となっているため、詳しくお伝えします。



◆iPhone 5s/5c本体価格で勝負に出たNTTドコモ、契約者の流出を防ぐ施策も
NTTドコモが発表したiPhone 5sおよび5cの実質本体価格。最も高価なiPhone 5sの64GBモデルすら2万160円で、32GBモデルは1万80円。iPhone 5s 16GBモデルおよびiPhone 5c 32GBモデルはまさかの0円。iPhone 5c 16GBにいたっては利用料金から1年間525円が割り引かれます。


しかも驚くべき点は、この本体価格が機種変更でも同じという部分。ドコモユーザーがiPhoneを機種変更・契約変更で購入し、「Xiパケ・ホーダイ for iPhone」に加入すれば月々サポートが24ヶ月間、最大1万80円増額される「iPhone買いかえ割」によるものです。

さらにiモードや「パケ・ホーダイ ダブル」への加入などの条件があるものの、iモードケータイなどを持っている場合、2台目として持ったiPhoneの基本使用料が最大1年間0円・月額5460円の「Xiパケ・ホーダイ for iPhone」も1年間4935円に値下がりする「プラスiPhone割」の提供も。

◆MNPで契約者奪還を強く意識した割引多数投入、他社版iPhoneの下取りも
NTTドコモが昨今悩まされていたのが、他社への大規模なMNP。実に年間120万契約のペースで携帯電話ユーザーが流出していたわけですが、契約者を奪還すべく、この時期としては異例となる「ドコモへスイッチ学割」を展開し、MNPを利用する学生ユーザーに対して破格でiPhoneを提供しています。

iPhone 5cの月額料金。通常の新規契約や機種変更などでは月額6555円であるのに対して、学割対象者は3年間基本使用料0円でパケット代も5460円から4410円に割り引かれ、月額4725円に。しかも16GBモデル購入者は1年間さらに525円が割り引かれるため、最安で月額4200円となるわけです。


iPhone 5sも学割対象者は3年間、月額4725円で維持できます。


すでに端末価格と利用料金の安さを前面に押し出しているNTTドコモですが、最も「えげつない」のは他社版iPhoneを買い取る「iPhone下取りプログラム」。ソフトバンクすら振るわなかった大ナタを振るう形となりました。

買い取り機種一覧。国内ではソフトバンクの専売だったiPhone 3G、3GS、4まで買い取り対象に。ソフトバンクから顧客を奪い返したいという意思の表れでしょうか……?


また、「MNPを使って乗り換えたユーザーに基本使用料を一定期間無料にする」という施策はどの会社も行っていますが、元ドコモユーザーであれば2年間基本使用料が無料(通常は1年)になり、解約時のドコモポイント相当額を割り引く「ドコモへおかえり割」も展開。

ここまで徹底していると執念すら感じるわけですが、「それだけドコモはiPhoneに賭けている」ということの現れとも考えられそうです。

iPhone | NTTドコモ

・関連記事
iPhone 5s/5cで見えてきたソフトバンクの一人負け、KDDIはプラチナバンドのLTEで圧倒的優位に | BUZZAP!(バザップ!)

やけに安いドコモ版iPhone 5s/5cのえげつない罠、本体価格が9万円半ばで中途解約は困難に | BUZZAP!(バザップ!)

ドコモ版iPhone実現で「スリートップ」見直しへ、富士通やシャープは厳しい展開に | BUZZAP!(バザップ!)

ツートップ戦略でメーカーを切り捨てたNTTドコモは「悪者」なのか | BUZZAP!(バザップ!)

ドコモ版iPhone 5s/5cの販売ノルマは「新規契約の4割」に、価格設定は難航中 | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンクの「プラチナバンドLTE」は2014年7月に提供開始へ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加