イタリア料理に関して外国人の犯しがちな10の大間違い

このエントリーをはてなブックマークに追加



日本でもメジャーなイタリア料理。でも、イタリア人が食べる時には絶対にやらないことをあなたもやっているかもしれません。

日本でも以前「正しい和食」の認証制度を導入する案が話題となったことがありましたが、イタリアのパルマにある Academia Barillaはそのイタリア版に当たるもの。この Academia Barillaが外国人に寄る間違ったイタリア料理に関する10の間違いを発表しました。

あなたが普通だと思っていたこと、実は大間違いかもしれません。

・カプチーノは絶対に食事中には飲まない
カプチーノは朝食時に飲むもので、スイーツとともに飲むのが望ましい。それ以降に飲んでもいいけれど、イタリア人は絶対飲まないことは忘れないように。

・リゾットとパスタは他の料理の付け合せにしない
オッソブーコ ミラノ風」などの特別な料理を除いては間違い。

・パスタを茹でる時にオイル入れない
オイルをかけるなら調理した後に。

・ケチャップをパスタにかけるな!
これはキッチンにおける真の罪悪である。

・スパゲッティ・ボロネーゼはボローニャには存在しない
ボローニャの住民はボロネーゼをタリアテッレで食べる。

・パスタとチキンの組み合わせはイタリア料理には存在しない
イタリア料理にその組み合わせは存在していない。外国人の発明である。

・シーザー・サラダもイタリア料理ではない
発明したのはイタリア人だがイタリア料理ではない。

・赤と白のテーブルクロスはイタリアでは使わない
海外のイタリアンレストランでのみ見られる習慣である。

・フェットチーネ・アルフレードもイタリア料理ではない
発明されたのはローマだが、イタリアでは全く無名の料理である。

・食事は家族で食べましょう
伝統とマンマの言葉を尊重し、テレビやPCの前でひとりで食べるのではなく、愛する家族と食事をシェアしましょう。

いかがでしたでしょうか?これは主に欧米人向けのリストになっていますが、もし日本人向けだとしたら「ペペロンチーノやアラビアータに粉チーズをかけるな」「ピザにタバスコはかけない」などがエントリーされそうです。

もちろん日本人はパスタを明太子や醤油、柚子胡椒と合わせたりピザに餅を載せたりと、やりたい放題ながら非常に美味な和風イタリアン料理を創作しているので、今さら何を言われても気にするつもりもなさそうです。

伝統の尊重と新しい文化の創出、バランスを保つ必要はありますが、どちらも存分に楽しみたいところですね。

Ketchup on your pasta Basta! Italian food institute issues a list of rules for foreigners to follow - News - Food & Drink - The Independent

ちゃんと作れるイタリアン
落合 務
マガジンハウス
売り上げランキング: 10,399


和イタリアンのレシピノート―和食材&和歌山食材を使いこなす90レシピ
貝谷 郁子
主婦の友社
売り上げランキング: 576,355



・関連記事
半分残ったアボカドを変色させずに保存する3つのシンプルなステップ BUZZAP!(バザップ!)

日本人バリスタの3Dラテアートが神業クオリティだと海外から大きな反響 BUZZAP!(バザップ!)

二日酔いしないビールが開発される!? BUZZAP!(バザップ!)二日酔いしないビールが開発される!? BUZZAP!(バザップ!)

「インスタントコーヒー」が「レギュラーソリュブルコーヒー」に、ネスレが呼称変更 BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加