iPhone 5sは極度の品薄へ、iPhone 5cが7~8割を占める

このエントリーをはてなブックマークに追加



iPhone 5cの予約を携帯電話各社が受け付けている一方で、事前予約できないようになっているiPhone 5s。

入荷数の少なさが原因では無いかと考えられるわけですが、それを裏付ける情報が明らかになりました。

Carrier Sources Say iPhone 5s Inventory on Friday Will Be "Grotesquely - Ina Fried - Mobile - AllThingsD

iPhone 5s to be constrained at launch as Apple preps app to check availability | 9to5Mac

大手海外メディア各社の報道によると、iPhone 5sの入荷数が「グロテスクなほど」極端に少ないことをアメリカの携帯電話キャリア関係者が明かしたそうです。

これはiPhone 5sの供給が絞られている一方で、iPhone 5cが新型iPhone全体の70~80%に達するほど潤沢に供給されることを受けたもの。また、「どのカラーのiPhone 5cが人気なのか」という点も、携帯電話販売店や小売業者の頭を悩ませているとしています。

なお、iPhone 5sの入荷数が少ないことを嘆く関係者がいる一方で、同モデルの需要は少なく、多くのユーザーはiPhone 5cに気を取られているのではないかと考える関係者もいるとされていますが、iPhone 5発売後も安価なiPhone 4Sが売れ続けたことを考えると、無理からぬことかもしれません。

・関連記事
LTEエリアが段違い、au版iPhone 5からiPhone 5s/5cへの機種変更は一体どれだけ優遇されたのか | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone 5s/5c発売間近、スマートフォンを購入するときの注意点まとめ | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone 5s/5cで見えてきたソフトバンクの一人負け、KDDIはプラチナバンドのLTEで圧倒的優位に | BUZZAP!(バザップ!)

やけに安いドコモ版iPhone 5s/5cのえげつない罠、本体価格が9万円半ばで中途解約は困難に | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加