まさに倍額ダブル解約金、ソフトバンクが一部の契約解除料を20790円に大幅引き上げ

このエントリーをはてなブックマークに追加



ソフトバンクが契約条件を改定し、一部のプランで契約解除料を大幅に引き上げました。

[プリモバイル]解約の手続き方法を教えてください。 | ソフトバンクモバイル

[プリスマ]解約の手続き方法を教えてください。 | ソフトバンクモバイル

ソフトバンクモバイルの公式ページによると、プリペイドサービス「プリモバイル」「プリスマ」について、9月28日(土)以降に新規契約したユーザーを対象に、1年以内に解約(MNPの転出含む)した際の契約解除料を2万790円に引き上げる旨を告知しています。


いずれのプランも今までの解約手数料は9975円であったため、まさにダブルで倍額になったわけですが、気になるのはその理由。プリペイドを利用した他社へのMNPが増加していることを受け、ソフトバンクモバイルは2012年3月に9975円の解約手数料を新設しましたが、それでも転出が止められなかったという事情があるのかもしれません。

なお、新たにプリペイドカードを登録しないことによる自動解約は契約解除料の対象とならず、わざわざ解約手続きを行ったり、MNPを利用した場合に発生するため、使わなくなったプリペイド端末はそのまま放置しておくのが一番良いようです。

・関連記事
ソフトバンクが9月30日に2013~2014年冬春モデル発表会開催へ、ようやく孫社長がお目見え | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンクの「プラチナバンドLTE」は2014年7月に提供開始へ | BUZZAP!(バザップ!)

抱き合わせに潜む罠、スマートフォンを購入するときの注意点まとめ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加