iPhone 5sにバッテリー寿命が短くなる欠陥、交換対応を実施中

このエントリーをはてなブックマークに追加



9月に発売された「iPhone 5s」のバッテリーに欠陥があることが明らかになりました。

Shortened Battery Life Found in Some New iPhones - NYTimes.com

ニューヨークタイムズの報道によると、一部のiPhone 5sのバッテリーに欠陥があることが発覚したそうです。

これは寿命に非常に時間がかかり、バッテリー寿命が非常に短くなるというもので、Appleの広報担当、Teresa Brewerさんも不具合を認めており、現在影響を受けたユーザーに交換対応を行っているとコメント。

実際にどれくらいの数が影響を受けているのかは明かされていませんが、報道では数千台におよぶのではないかとされています。

なお、日本でも影響が出ているのかが気になるところですが、2013年10月30日16時7分時点ではApple日本法人は何の告知も行っていません。

・関連記事
2013年冬モデルXperia Z1・AQUOS PHONE・isai・ARROWS・iPhone 5sカメラ画質比較、ひたすら夜景を撮影してみた | BUZZAP!(バザップ!)

「iPad Air」「iPad mini Retinaディスプレイモデル」もプラチナバンドのLTE利用可能に、ただしTD-LTEは非対応 | BUZZAP!(バザップ!)

「iPhone 5s/5cのLTEはソフトバンクが一番」というMMD研究所の調査がおかしい | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加