「iPad Air」「iPad mini Retinaディスプレイモデル」もプラチナバンドのLTE利用可能に、ただしTD-LTEは非対応

このエントリーをはてなブックマークに追加



先ほど発表されたAppleの新型iPad「iPad Air」および「iPad mini Retinaディスプレイモデル」もiPhone 5s/5c同様、プラチナバンドのLTEを利用できることが明らかになりました。

アップル - iPad Air - 技術仕様

アップル - iPad mini Retinaディスプレイモデル - 技術仕様

Appleの公式ページによると、「iPad Air」および「iPad mini Retinaディスプレイモデル」の対応周波数はいずれも共通で、こんな感じになります。


このうち2013年11月の発売時点で日本国内で利用できる周波数帯は以下の通り。

KDDI:3G(800MHz)、LTE(800MHz、2.1GHz)
ソフトバンク:3G(900MHz、2.1GHz)、LTE(1.7GHz、2.1GHz)


ちなみに現時点での販売キャリアはKDDIとソフトバンクのみですが、産経新聞社の報道ではNTTドコモも後日iPadの販売に参入する予定とされているため、仮にNTTドコモ版が実現した場合、対応周波数は以下となります。

NTTドコモ:3G(800MHzおよび2.1GHz)、LTE(800MHz、2.1GHz、東名阪限定で1.7GHz)

なお、世界各国の周波数帯に合わせるために5モデル展開となったiPhone 5s/5cにはTD-LTE対応モデルもありましたが、新型iPadでのTD-LTE対応は無し。

そのためソフトバンクが推進する「AXGP」やKDDI傘下のUQコミュニケーションズが推進する「WiMAX 2+」のようなTD-LTE互換とされるネットワークでは利用できない点に注意が必要です。

・関連記事
iPad miniが飛躍的に進化、「iPad Air」「iPad mini Retinaディスプレイモデル」を高解像度画像で解説 | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone 5s/5cで見えてきたソフトバンクの一人負け、KDDIはプラチナバンドのLTEで圧倒的優位に | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンクが「Hybrid 4G LTE」展開へ、プラチナLTEは2014年春に | BUZZAP!(バザップ!)

iPhoneを充電中にLightningケーブルが発火する事故が発生、Apple純正品を使用 | BUZZAP!(バザップ!)

「iPhone 5s/5cのLTEはソフトバンクが一番」というMMD研究所の調査がおかしい | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加