iPhoneを充電中にLightningケーブルが発火する事故が発生、Apple純正品を使用

このエントリーをはてなブックマークに追加



iPhone 5から導入された、新型コネクタ「Lightning(ライトニング)」。

従来のDockコネクタに取って代わるもので、裏表を気にせずに挿入できるなど、便利なところもあるわけですが、iPhoneを充電中に発火したという事例が報告されました。

Twitter / sigiposo: ありのままに起こったことを言うぜ…「iPhoneを普通に充電 ...

Twitterに写真と共に投稿された内容によると、Lightningケーブルを用いてiPhoneを充電していたところ、ケーブルが発火して溶けたそうです。

これがその写真。USB側ではなく、Lightning側が焼損しています。


Twitter / sigiposo: iPhone5ケーブル燃焼事件がRTされまくってて(ヤッター ...

なお、充電はUSB-ACアダプタではなく、パソコンに接続して行っており、充電開始から30分ほど経過した時点で発火したとのこと。

サードパーティー製の充電器やバッテリーを用いた事による発火事故は時折報告されますが、純正品での事故というのは珍しいケース。現時点で原因は不明ですが、詳細な調査結果が待たれます。

・関連記事
ソフトバンクのiPhone向け「TV&バッテリー」が発火事故で製品回収、経緯や発表会で触れなかった理由を聞いてみた | BUZZAP!(バザップ!)

「Galaxy S III」爆発事故は故意によるものか、韓国では賠償金を要求した前例も | BUZZAP!(バザップ!)

タブレットメーカー各社が懸念する「廉価版iPad mini」の脅威とは? | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加