「Galaxy S III」爆発事故は故意によるものか、韓国では賠償金を要求した前例も

このエントリーをはてなブックマークに追加



発売されたばかりの最新スマートフォン「Galaxy S III」が爆発したことを先日BUZZAPでお伝えしましたが、Samsungが爆発はユーザーの故意によるものであると考えていることが明らかになりました。

詳細は以下から。



アイルランドで爆発のギャラクシーS3、三星が「故意による毀損」と暫定結論

韓国の日刊紙「東亜日報」によると、アイルランドで報告されたGalaxy S IIIの爆発事故について、Samsungの現地法人が製品を回収した上で調査を行った結果、ユーザーが意図的に爆発させたという暫定的な結論へと至ったそうです。

これは製品を分解した結果、内部部品などに異常がなく、外部ケースにのみ焦げ跡があることや、発火点と思われるマイク部位は普段少量の電流のみ流れており、爆発の危険性はほとんどないことを受けたもの。

業界関係者は「電子レンジに入れて加熱すれば該当部位が電磁波に反応し、損傷する可能性が高い」としており、Samsungも該当ユーザーがスマートフォンを乾かすために電子レンジに入れた可能性を視野に入れているとのこと。

爆発したとされるGalaxy S III本体。電池パックなどには影響がなく、ごく一部のみが大きく損傷しています。


なお、Samsungは2010年初頭に韓国のユーザーが電子レンジに入れて加熱した携帯電話を「充電中に爆発した」と主張して補償を要求したケースがあったことなどを受けて、携帯電話の爆発事故に関する対応マニュアルを作成。

今回の調査でも30あまりのケースから類似する事例を探すやり方を採用してほか、すでにイギリスの機関に対して精密な調査を依頼しており、第三者機関で正確な原因が明らかになれば正式に対応する予定であるとされています。

・関連記事
iPhoneとGalaxyを悪魔合体させ、SIMカード4枚挿しなどに対応させた謎の携帯電話「V9100」 | BUZZAP!(バザップ!)

「Galaxy S III SC-06D」レビュー、指に吸い付くような操作感をついに実現 | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone 5(仮)も参戦見込みのLTEスマートフォン、すでにSamsungが6割以上のシェアを獲得 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加