発売前の新型ゲーム機「PS4」が速攻で分解される

このエントリーをはてなブックマークに追加



ソニーが11月15日にアメリカで発売予定(日本は2014年2月22日)の次世代ゲーム機「PS4」が速攻で分解されました。

これがPS4本体。平行四辺形が立体化されたなんとも不思議なフォルムですが、これはデザイナーの隅井徹氏によるもの。




本体前面奥にはUSB端子が2つあります。


本体前面中央にはイジェクトボタンと電源ボタン


背面には光デジタル出力端子、HDMI出力、LAN、PlayStation 4 Eye接続用のAUX端子を搭載。他社が次世代ゲーム機でもACアダプタを採用する中、ソニーだけはPS3時代から電源内蔵を貫いています。



そして中央にタッチパッドを搭載した新型コントローラー「DUALSHOCK 4」


底面にヘッドフォン端子があります。


さらにゲームプレイの様子を動画でシェアできる「SHARE」ボタンも搭載。床に置くときに誤反応しがちだったR2、L2ボタンは改善しているのでしょうか。


さっそく分解。こちらはBlu-rayドライブです。


各種内部部品


こちらは中央フレーム


特別に設計されたファン


プロセッサのヒートシンク


マザーボードはこんな感じ。1.84TFLOPSの処理能力を実現するGPU内蔵のAMD製8コアプロセッサは8つのメモリチップに囲まれる形に。PS3同様にHDDを交換できるのかどうかが気になるところです。


See What's Inside the PlayStation 4 With These Exclusive Photos | Game|Life | Wired.com

・関連記事
ついに公開された「PS4」本体を高解像度画像付きで解説 | BUZZAP!(バザップ!)

気になるPS4の互換性、実際のところをソニーに問い合わせてみた | BUZZAP!(バザップ!)

「PS Vita TV」を高解像度画像で解説、「ただの据置型PS Vita」を超えた異色のモデルに | BUZZAP!(バザップ!)

新型PS Vita「PCH-2000」を高解像度画像で解説、薄型・軽量化だけでなく使い勝手の向上も | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加