【天才現る】使ったお金がどんどん手元に戻る合法的な冴えたやり方

このエントリーをはてなブックマークに追加



節約は大切だけど難しい。そんな中、使ったお金が手元に戻ってくるやり方を発見した男性が存在しました。合法的、そして納得です。

アリゾナ州フェニックスに済む60歳の引退した男性、Garyさんは使ったお金が自分の手元に戻ってくるシンプルでユニークな方法を発見しました。もしかしたらあなたも同じことを考えたことはあるかもしれません。そのやり方は紙幣に赤ペンで

「この紙幣を私に返してください。私はとても貧乏なのです」


と書き、自分の住所を同時に書き添えるというもの。なあんだと思うかもしれませんが、これが実に効果的で次々とGaryさんの元にはお金が舞い戻ってくるということ。これを続けるうちに、このメッセージの書かれた紙幣はどんどん増えていき、現在では1日平均2ドル、月に60ドル程度の紙幣が戻ってきます。


時には気前のいい人が追加でお金を喜捨してくれるため、時には月100ドルを超えることもあるといいます。ちなみに戻ってくる確率が高いのは1ドル札で、10ドル、20ドルといった高額紙幣はなかなか戻ってこないようです。

なお、お金にペンで書き込みをするのは犯罪ではありませんし、文面も犯罪を助長したり相手に何かを強要するものでもないため、問題はないとされています。

Garyさんはこの行為を別段恥ずかしいものだとは考えておらず、冗談として一緒に楽しんでくれる人がいればいいくらいに考えています。「すごく深刻に受け止めた人もいて、そういう時はさすがに申し訳なかったな」とのこと。

ちなみに日本の場合、これが犯罪行為にあたるのかが気になるところですが、独立行政法人 国立印刷局の公式ページでは「お札を折り紙として使ったり、落書きをしたりすると、何か問題になるのでしょうか?」という質問に対して、以下のような回答が記されています。

回答法令上、直ちに違法な行為とは言い切れませんが、皆様が傷みの激しいお札や、本物にあるはずのない書込みや印字がされている変なお札を手にしてしまった場合、偽札かどうかの見分けがつきにくくなります。また、ATMや自動販売機で使えなかったりするなどのトラブルのもとになります。
お札を切り刻んだり、燃やしたりして損傷する行為はもちろんのこと、ちょっとしたいたずら程度と思われる行為も、お札を使う場面では大きな支障となることがあります。お札はみんなで使うものですから、大切に使ってください。


違法かどうかの判断が分かれるラインであることはもちろん、他人の迷惑となりかねないことを考えると、真似をするにはかなりの覚悟が要りそう。その前にSNSや巨大匿名掲示板などで晒されて大炎上してしまいそうでもありますが……。

Guy Writes His Address on Dollar Bills, People Send Them Back to Him Oddity Central - Collecting Oddities

ユナイテッドジェイズ【100万円グッズ】 新型 百万円札 メモ帳 バラエティグッズ
株式会社 ユナイテッドジェイズ
売り上げランキング: 8,614

・関連記事
70日間「寝て」いるだけで170万円もらえるNASAの求人募集 BUZZAP!(バザップ!)
ギャラが払われずブチ切れたエンジニアがバンドの曲を勝手にEDMにリミックス BUZZAP!(バザップ!)

耳にヘッドフォンを埋め込みガチで「No Music No Life」を達成した男 BUZZAP!(バザップ!)

中国でハイウェイ上にマンションが「誤って」建設される→道路が半分に BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加