カメラの前の立体物をリアルタイムでトレースして変形するテーブル

このエントリーをはてなブックマークに追加



ビデオカメラで撮影したモノの立体感をそのままトレースする、なんとも不思議なテーブルが登場しました。いろいろおもしろい応用ができそうですこれ。

MIT Media LabのHiroshi Ishii教授の研究室が創りあげたのがこの不思議なテーブル。ビデオカメラで手や籠、ボールなどの立体物を撮影すると、その立体感をリアルタイムで正確にトレースしてくれるテーブルです。

何を言っているのかよく分からないかもしれませんが、こちらの動画を見てみてください。



動画ではこの機能を使って遠隔でボールを触って転がしていますが、いろいろと面白いことができそうです。

Xbox 360 Kinect センサー
Xbox 360 Kinect センサー
posted with amazlet at 13.11.07
日本マイクロソフト (2010-11-20)
売り上げランキング: 1,092



・関連記事
1 1000秒の反応速度を持ち、人類が絶対に勝てないじゃんけんロボを東大が開発 BUZZAP!(バザップ!)

まるで「インセプション」、夢を自由自在にコントロールできるアイマスク「remee」が開発される BUZZAP!(バザップ!)

逃げられない!時速26kmで自由に走り回れる恐怖の四足歩行ロボットをボストンダイナミクスが作成 BUZZAP!(バザップ!)

小型ロボットの大群が蜂のように飛び回る最新掃除システム「Mab」がすごいことに BUZZAP!(バザップ!)

食用ウジ虫を自分のキッチンで育成できるキット「Farm 432」がスゴイ! BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加