NTTドコモが過去最悪の純減から純増に反転、iPhone効果はまだ限定的

このエントリーをはてなブックマークに追加



iPhone 5s/5c商戦がスタートした2013年9月度に過去最悪の純減を記録したNTTドコモが再び純増に転じました。

契約数月次データ : 携帯電話等契約数 | 企業情報 | NTTドコモ

NTTドコモの契約者ページでは、2013年10月度は過去最悪となった6万6800件の純減から3万7100件の純増へと転じたことが告知されています。

契約者内訳。76万2000件のFOMA(3G)ユーザーが減り、79万9100件のXi(LTE)ユーザーが増加。3GからLTEへの移行は順調に進んでいます。


しかしiモード/spモードは9万6600件の純減。フォトフレームやモバイルルーター、自販機向け通信機といった通信モジュールサービスのみが下支えしている点は変わりません。


MVNO事業者向けのSIMカード契約が一括カウントされる関東・甲信越地方のみが純増数を稼ぐ構図は相変わらずですが、各地域での純減はかなり抑えられています。


各社そろってiPhone 5sの在庫不足に悩まされた中、前モデルのiPhone 5をMNPユーザー向けに格安販売したKDDIやソフトバンクにドコモユーザーが流出した感のある9月度とは異なり、ある程度在庫に余裕が出てきたことで流出を食い止められるようになったと考えられる10月度の純増数。

しかしまだまだiPhone 5sの極端な品薄が続いていることを考えると、iPhone導入の効果が最大限に発揮されるのはまだ先のこととなりそうですが、最も盛り上がる年末商戦期に向けて在庫が潤沢に供給されるようになるのかどうかが非常に気になるところです。

・関連記事
2013年冬モデルXperia Z1・AQUOS PHONE・isai・ARROWS・iPhone 5sカメラ画質比較、ひたすら夜景を撮影してみた | BUZZAP!(バザップ!)

ソニー初の快挙・富士通急落で激震、2013年度上半期の携帯電話メーカーシェア発表 | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone 5sにバッテリー寿命が短くなる欠陥、交換対応を実施中 | BUZZAP!(バザップ!)

新型iPad miniは一部にIGZO液晶搭載、シャープが製造苦戦で供給難に | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加