Androidのシェアが初の8割突破、ただし日本ではトップ10をiPhoneが独占

このエントリーをはてなブックマークに追加



Googleの携帯電話向けOS「Android」のシェアが初めて8割を突破しました。

Android Pushes Past 80% Market Share While Windows Phone Shipments Leap 156.0% Year Over Year in the Third Quarter, According to IDC - prUS24442013

調査会社「IDC」がまとめたレポートによると、2013年第3四半期(7~9月)の携帯電話出荷台数はAndroidが前年同期比51.3%の伸びを見せて2億1160万台に達し、81.0%のシェアを獲得したそうです。

携帯電話市場が成熟する中、Androidのシェアが8割を超えたのは初のことで、5~7インチのファブレット(スマートフォンとタブレットの中間に位置づけられる端末)が奏功。なお、ファブレットの出荷台数はスマートフォン市場の21%(前年は3%)を占めるまでに成長しています。

OSごとの内訳。iOSは販売台数こそ伸びているもののシェアを落とす形となり、Windows Phoneは前年同期比156%の伸長を見せてシェア3.6%に。Blackberryは過去最悪となる1.7%にまでシェアが下落しています。


このように、ただでさえ圧倒的なシェアの上に、512MBメモリでも動作するAndroid 4.4の登場によってさらなる伸びが期待されるAndroidですが、世界市場とは正反対にiOSが強いのが日本。

全国の量販店の4割をカバーする「BCNランキング」の2013年11月4日~11月10日集計分データでは、iPhoneがトップ10を独占する事態となっています。

・関連記事
Android 4.4の新機能「smarter caller ID」での個人情報漏洩を避けるシンプルな方法 | BUZZAP!(バザップ!)

Windows Phoneのシェアが4%に伸長、HTCやSamsung、Huaweiは脱落か | BUZZAP!(バザップ!)

ソニー初の快挙・富士通急落で激震、2013年度上半期の携帯電話メーカーシェア発表 | BUZZAP!(バザップ!)

スマフォの「今後」が判明、4Kディスプレイ搭載や数Gbpsクラスの超高速通信対応も | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加