ソニーの本格ファブレット「Xperia Z Ultra SOL24」をKDDIが発売へ

このエントリーをはてなブックマークに追加



6.44インチという携帯電話端末としては異例の巨大液晶を搭載した「Xperia Z Ultra」をKDDIが発売することが明らかになりました。

タブレットとスマートフォンの中間「ファブレット」に位置付けられるモデルとなっています。詳細は以下から。

OET List Exhibits Report

アメリカ連邦通信委員会(FCC)の認証情報ページに掲載された以下の画像によると、「使用後はauショップ、PiPitへ」と書かれたラベルから、KDDIから新たにソニー製の端末が発売されることが分かります。


本体サイズ。縦179.15mm、横92mmと非常に大きな端末ですが、このサイズにほぼ合致するのは「Xperia Z Ultra」しかありません。なお、KDDIは2014年春モデルとしてファブレットの導入を表明済みであるため、おそらく「SOL24」として発売されると思われます。


ちなみに「Xperia Z Ultra」本体はこんな感じ。Xperia Zで好評だったデザインを踏襲し、6.44インチのフルHD(1920×1080)液晶や「Snapdragon 800(2.2GHz)」、800万画素カメラを搭載。


利用シーン。Nexus 7ほど大きくはないものの、スマートフォンにあるまじきサイズ感。


もちろん片手で持つこともできます。



両手持ちの様子。ソフトウェアキーボードが使いやすくなりそうです。


もちろん防水・防塵仕様。なんと驚くべきことにこのサイズで212グラムの軽量さを実現しています。

・関連記事
KDDIが「Xperia UL SOL22」を大幅値下げ、一気に処分価格に | BUZZAP!(バザップ!)

ソニーがXperia Z1などの各機種をAndroid 4.4(KitKat)にOSアップデート決定 | BUZZAP!(バザップ!)

2013年冬モデルXperia Z1・AQUOS PHONE・isai・ARROWS・iPhone 5sカメラ画質比較、ひたすら夜景を撮影してみた | BUZZAP!(バザップ!)

ソニー初の快挙・富士通急落で激震、2013年度上半期の携帯電話メーカーシェア発表 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加