スマートフォンの大画面化は正しいことを裏付けるデータが登場



3インチから4インチと大画面化が進み、5インチが当たり前になった感のあるAndroidスマートフォンですが、大画面化は間違っていないことを裏付ける興味深いデータが登場しました。詳細は以下から。

Smartphone Data Consumption is 44 Percent Greater on Larger Screen Phones, According to NPD

海外の調査会社「NPD」がスマートフォンの利用実態調査によると、4.5インチ以上のディスプレイを備えたスマートフォンユーザーの月間通信量は7.2GBで、4.5インチ未満の月間通信量(5GB)を44%上回ったとされています。

グラフはこんな感じ。通信量はWi-Fiと携帯電話ネットワーク利用時を合算したもの。なお、調査はAndroidおよびiPhoneユーザーが対象です。


アプリケーションごとの利用率。4.5インチ以上のユーザーは各分野で利用頻度が高く、とりわけナビゲーション、動画などで4.5インチ未満のユーザーを大きく上回る結果に。


大画面ユーザーのほうが各種サービスを積極的に利用する」という結果となった今回の調査。

つまりスマートフォンの大画面化はユーザーと携帯電話会社の双方にとってある意味正しいと言えるわけですが、今後いったいどのサイズが「最適」とされるのでしょうか。

・関連記事
ソニーの本格ファブレット「Xperia Z Ultra SOL24」をKDDIが発売へ | BUZZAP!(バザップ!)

KDDIが「Xperia UL SOL22」を大幅値下げ、一気に処分価格に | BUZZAP!(バザップ!)

KDDIが2014年春モデルにファブレットを導入へ | BUZZAP!(バザップ!)

ついにiPadが失速、タブレット市場でもAndroid優勢に | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【追記】10万円超えもAndroid 12アップデートなし、Xperia 1やAQUOS Rシリーズに感じた「割に合わなさ」
  2. 「iPhone SE一括1円」ドコモ、au、ソフトバンクが続行も在庫が不安定に、「iPhone 12 mini」契約なしで値下げも
  3. 楽天モバイル「圏外になった」と報告多数、au回線提供終了でエリアが縮小し自宅や駅、会社、店舗、道路などで使えず全国規模の混乱に
  4. iPad Air対抗の新型タブレット「Teclast T40 Plus」1万円台に値下げ再び、8GBメモリや4スピーカー採用でゲームや動画視聴、カーナビ用途にも
  5. Xiaomi「POCO F3」再び値下げ、10万円級の性能が価格1/3でiPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、液冷機構搭載の格安スマホ

モバイルに関連した楽天商品ランキング