スマートフォン利用者の行動を第三者が物理的に追跡できる「Gallery Analytics」

このエントリーをはてなブックマークに追加



もはや多くの人にとって無くてはならない存在となりつつあるスマートフォンですが、なんと第三者がユーザーの行動を物理的に追跡できるようになりました。詳細は以下から。

これがベルリンやアムステルダムで活躍するスウェーデン人アーティスト、Jonas Lund氏が考案した「Gallery Analytics」の画面。「Google Analytics」をベースにしたシステムです。


非常にエリアの狭いWi-Fiスポットをメッシュ状に構築することで、展覧会を見に来たスマートフォンユーザーの接続元情報から、どの部屋の作品を見たのかを追跡できる仕組みに。


量販店の各売り場における顧客の流れを可視化できるなど、実社会に役立つ形での応用も期待できそうな今回の取り組み。なかなか画期的ではありますが、行動を把握されることを不愉快に思う人も少なくなさそうです。

・関連記事
あの事故物件情報サイト「大島てる」がまさかのAndroidアプリ化 | BUZZAP!(バザップ!)

誤差1センチ、現在の1000倍となる世界最高精度のGPSが日本でサービス開始へ | BUZZAP!(バザップ!)

iOS6のマップは命に関わる危険物だとオーストラリア警察が発表 | BUZZAP!(バザップ!)

KDDIが通話やデータ通信の品質向上へ、「エリア品質情報送信機能」を提供開始 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加