未発表の「Galaxy S5」の詳細判明、クアッドHD・64ビットCPU・虹彩認証のフルスペックに

このエントリーをはてなブックマークに追加



2014年発売とみられる「Galaxy S5」の詳細が明らかになりました。携帯各社の2013年モデルに標準装備された感のあるフルHDを上回る、クアッドHDディスプレイを導入するなど、最先端の技術が詰め込まれるようです。

Samsung structuring ‘QHD-Iris-Tizen’ tech line for 2014 - 지디넷코리아

Galaxy S5 Specs: Quad HD display, Iris scanner among Galaxy S5 specs | BGR

これらの報道によると、Samsungは2014年2月にも発表されるとみられる次期フラッグシップスマートフォン「Galaxy S5」に対し、以下のような新技術を投入する方針だそうです。

・クアッドHD(2560×1440)の有機ELディスプレイ
・64ビット対応、8コアのExynosプロセッサ(4コアSnapdragonモデルも)
・3GB RAM
・暗いところでも明るく撮影できる新技術を採用した1600万画素カメラ
・Android 4.4
・4000mAhバッテリー
・虹彩認証


さらに部品メーカーに金属製の筐体を発注済みであることも報じられており、性能および質感の両方で高い完成度を実現する方針。また、Tizen OSを採用した機種も発表される見込みであるとされています。

iPhone 5sに採用された「Apple A7」を皮切りにスタートしたスマートフォンの64ビットプロセッサ競争ですが、スマホメーカー各社が採用しているクアルコムの「Snapdragon」シリーズの64ビット対応は、現時点では2014年後半になる予定であるため、Android陣営ではSamsungが先陣を切ることになりそうです。

・関連記事
スマフォの「今後」が判明、4Kディスプレイ搭載や数Gbpsクラスの超高速通信対応も | BUZZAP!(バザップ!)

2014年は「4Kスマホ」元年に、新型プロセッサ「Snapdragon 805」正式発表 | BUZZAP!(バザップ!)

Android 4.4(KitKat)をメモリ512MBの古いスマートフォンに導入する試みが展開中 | BUZZAP!(バザップ!)

Tizenの開発にシャープやパナソニック、コナミなど36社が新規参入 | BUZZAP!(バザップ!)

SnapdragonやTegraが64ビット対応に、iPhone 5sの「Apple A7」を追撃 | BUZZAP!(バザップ!)

64ビット対応の「Snapdragon 410」登場、1万円台の格安・高性能スマートフォン実現へ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加