ソニーもWindows Phone 8に参入か、ついに日本市場でも発売へ



ソニーがWindows Phone 8スマートフォンをリリースする方針であることが明らかになりました。

Sony Mobile to launch WP8 phones, say sources

台湾メディア「DIGITIMES」の報道によると、ソニーモバイルコミュニケーションズがWindows Phone 8を採用したスマートフォンをリリースする方針を固めたことを業界関係者が明かしています。

これはWindows Phoneの世界シェア拡大や日本市場開拓を目的にマイクロソフトとソニーが協業することによるもので、ラインナップは数機種。実現すればWindows Mobileを採用した「Xperia X2」以来、実に5年ぶりのこととなります。

うち1~2機種の生産を台湾の大手ODMメーカー、Compal Communicationsが担当することが決定しているものの、それぞれの初期ロットの受注数は数万台程度にとどまるとされています。

なお、メーカー各社のWindows Phone新規参入を困難にしているものが、マイクロソフト傘下のNOKIAのシェア。Windows PhoneおよびWindows 8アプリ開発者向けサイト「AdDuplex」がまとめた2013年11月時点のデータではNOKIAが90%に対し、HTCは7%、Samsungは1.8%、Huaweiに至っては1.3%という結果に。


2014年も出荷台数の90%をNOKIAが占めると予測されており、残り10%をソニーやHTC、Samsung、Huaweiが分けあうこととなるわけですが、Android以上に寡占が進む中で「ソニー版Windows Phone」はどれだけ戦えるのかに注目が集まりそうです。

Sony Reportedly In Talks With Microsoft About Making Windows Phone Devices - Forbes

なお、Forbes誌の報道によるとソニーはWindows Phone 8端末に「Xperia」や「VAIO」ブランドを冠するかどうかは不明。

また、マイクロソフトはローエンドモデルを担当させるため、中国のZTEとも交渉しているほか、Acer、LG電子もスマートフォンのハードウェア・パートナーに加えています。

・関連記事
驚くほど販売不振、HTCやLG、Huaweiなどが高性能スマフォ競争から脱落の危機 | BUZZAP!(バザップ!)

マイクロソフトがSamsungに10億ドルの巨額投資か、Windows Phone製造継続を依頼 | BUZZAP!(バザップ!)

Windows Phone 9は2014年後半登場か、メトロUIが撤廃される可能性も | BUZZAP!(バザップ!)

iPhoneのシェアが低くても無問題、Apple勝利の方程式が明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【追記】10万円超えもAndroid 12アップデートなし、Xperia 1やAQUOS Rシリーズに感じた「割に合わなさ」
  2. 「iPhone SE一括1円」ドコモ、au、ソフトバンクが続行も在庫が不安定に、「iPhone 12 mini」契約なしで値下げも
  3. 楽天モバイル「圏外になった」と報告多数、au回線提供終了でエリアが縮小し自宅や駅、会社、店舗、道路などで使えず全国規模の混乱に
  4. iPad Air対抗の新型タブレット「Teclast T40 Plus」1万円台に値下げ再び、8GBメモリや4スピーカー採用でゲームや動画視聴、カーナビ用途にも
  5. Xiaomi「POCO F3」再び値下げ、10万円級の性能が価格1/3でiPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、液冷機構搭載の格安スマホ

モバイルに関連した楽天商品ランキング