マイクロソフトがSamsungに10億ドルの巨額投資か、Windows Phone製造継続を依頼

このエントリーをはてなブックマークに追加



マイクロソフトがSamsungに10億ドルの巨額投資を行う方針であることが明らかになりました。詳細は以下から。

Twitter / eldarmurtazin: Another "good" news from ...


モバイル製品をレビューするIT系ニュースサイト「Mobile-review.com」の編集者で、Windows Phone 9に関する情報や、Tizen開発現場がほぼ死に体の状態にあることを明かしたEldar Murtazin氏のTwitterによると、マイクロソフトはSamsungに10億ドルの投資を行うことを検討しているそうです。

これはSamsungに対し、Windows Phoneの開発継続を依頼するためのもの。マイクロソフトはWindows Phoneでシェア9割を占めるNOKIAの買収を間もなく済ませる予定ですが、これによるメーカー離れを防ぐ目的であると考えられています。

Windows PhoneおよびWindows 8アプリ開発者向けサイト「AdDuplex」がまとめた2013年11月時点でのメーカー別シェア。NOKIAが90%に対し、HTCは7%、Samsungは1.8%、Huaweiに至っては1.3%という悲惨な結果に。


NOKIA以外で最もシェアが大きく、経営不振に苦しんでいるHTCに投資すればいいのではないか……と思わなくもありませんが、やはりスマートフォンに必要な各種パーツを自前で製造しており、安定供給が望めるSamsungの強みが評価された形となるのでしょうか。

・関連記事
「あまりに悲惨で死んだも同然」Windows Phoneアプリ市場が酷評される | BUZZAP!(バザップ!)

iPhoneのシェアが低くても無問題、Apple勝利の方程式が明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

Windows Phone 9は2014年後半登場か、メトロUIが撤廃される可能性も | BUZZAP!(バザップ!)

「Windows 8(8.1)」がどれだけ売れていないのかが一目で分かるグラフ | BUZZAP!(バザップ!)

じわじわ伸びつつあるWindows Phoneの現状をグラフで分かりやすく解説 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加