カップヌードルなどのインスタントラーメン、賞味期限延長へ

このエントリーをはてなブックマークに追加



今や国民生活に無くてはならない存在となったインスタントラーメンの賞味期限が延長されることになりました。詳細は以下から。

ニュース詳細|ニュースリリース|会社情報|日清食品

日清食品のプレスリリースによると、世界の穀物需給が逼迫する中、世界の食料生産量の3分の1にあたる13億トンの食料が毎年廃棄され、日本国内でも年間500~800万トンの食品ロスが発生していると推計されているそうです。

そこで食品ロスを削減するため、インスタントラーメンの業界団体「一般社団法人日本即席食品工業協会」が2012年1月から賞味期限の延長の可能性について、加盟社が保存試験データを持ち寄るなどの検討したところ、少なくとも1~2ヶ月の賞味期限の延長が可能という結論を得たとのこと。

これを受けて日清食品は2014年4月1日から、カップ麺の賞味期限を製造日から6ヶ月(従来は5ヶ月)、袋麺を製造日から8ヶ月(従来は6ヶ月)に延長することを決定。賞味期限を延長することで、防災備蓄食としてのインスタントラーメンの価値も向上するとコメントしています。

・関連記事
「日本一美味しい立ち食いそば」と評判のJR姫路駅の「えきそば」を食べてきました | BUZZAP!(バザップ!)

個性あふれる濃厚こってりな和歌山ラーメン「山爲食堂」の中華そばを食べてきました | BUZZAP!(バザップ!)

エナジードリンクはドラッグ並みに有害で未成年者は飲用禁止にすべきとの警告 | BUZZAP!(バザップ!)

仕事中、運動中でも両手を空けてハンバーガーをモリモリ食べられるホルダー | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加