iPhone 5sは電池が切れてもユーザーの動きを追跡し続けることが明らかに

このエントリーをはてなブックマークに追加



かつてAppleがユーザーの位置情報を記録していたことが話題になりましたが、今度はiPhone 5sに驚くべき新機能が盛り込まれていることが判明しました。

iPhone 5s continues to track your motion even when completely drained of battery : apple

海外で人気の巨大掲示板「Reddit」に投稿された内容によると、海外を旅行していたiPhone 5sユーザーが、旅行中に充電ケーブルを破損してしまい、iPhone本体を充電できなくなったそうです。

そして電池が切れた状態で4日間ほど放置し、旅行から帰ってiPhoneを充電したところ、ライフログアプリ「Argus」に電池が切れていた4日間の歩数が記録されていたとのこと。

おそらくiPhone 5sにはバッテリーが切れかけると、一定の電力を残した上で「バッテリー残量0%」と表示してシャットダウンし、ユーザーの歩行などを検知するモーションセンサー用プロセッサ「M7」を可能な限り動かし続ける……といった機能が実装されているのだと思われますが、投稿者は「感銘を受けたと同時に少し怖い」と率直な感想を述べています。

加速度センサー、ジャイロスコープ、コンパスから送られるモーションデータを処理できるコプロセッサ「M7」。就寝時など、iPhoneが動かないことを検知した場合に、自動的にネットワークへの接続頻度を減らして省電力化を図るといった役割も果たしています。

・関連記事
iPhone 6の新機能は「画面で充電」?太陽電池を組み込む可能性が浮上 | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone 6は本体サイズそのままで4.7インチ液晶搭載か、フロントパーツとされる流出が写真 | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone 6と同時発売される大画面版は「iPhone」の名前を捨てることに | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone 5cや旧型iPadを買ってはいけない理由が明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

iPadなどの「容量商法」でメーカーはどれだけボロ儲けできるのかが一目で分かる表 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加