10年間で容量1000倍、microSDカードの著しい進化っぷりが一目で分かるグラフ

このエントリーをはてなブックマークに追加



本日行われたサンディスクの新製品発表会で、非常に面白いグラフが公開されたのでお届けします。

本日発表された世界最大容量のmicroSDXCカード「サンディスク ウルトラ プラス microSDXC UHS-Iカード」。128GBの大容量と毎秒40MBの高速転送を実現しています。


そしてこれがmicroSDの容量の歩み。2003年当時の最大容量は128MBでしたが、NANDフラッシュメモリの積層が進み、2006年には一気に2GBの大台に。2007~2008年には10GB、2010年には32GB、2011年に64GBを実現した後しばらく停滞したものの、積層技術の進化によって128GBを実現しました。


128MBから128GB。まさに容量は1000倍です。

・関連記事
サンディスクが世界最速・世界最大容量メモリカードや新ジャンルの製品などを複数発表 | BUZZAP!(バザップ!)

iPadなどの「容量商法」でメーカーはどれだけボロ儲けできるのかが一目で分かる表 | BUZZAP!(バザップ!)

最大384GBの超大容量スマートフォンも、新型フラッシュメモリ「3D V-NAND」量産開始 | BUZZAP!(バザップ!)

世界最大容量の6TBハードディスクが国内発売、気になるお値段は? | BUZZAP!(バザップ!)

記録容量500GB、落としても壊れないタブレット向け格安HDD「Seagate Ultra Mobile HDD」 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加