モバイルサーバー「サンディスク コネクト」レビュー、No.1メモリカードメーカーの新機軸

このエントリーをはてなブックマークに追加



サンディスクが本日相次いでフラッシュメモリの新製品を発表しましたが、その中でひときわ異彩を放っていた「サンディスク コネクト」のレビューをお届けします。

これが「サンディスク コネクト ワイヤレス メディアドライブ」。IEEE802.11 b/g/nの無線LAN対応で、モバイル端末間で手軽にコンテンツを共有できるポータブルサーバー。1500mAhのバッテリー内蔵で8時間駆動可能。最大8台同時接続できるだけでなく、動画や音楽を最大5台まで同時ストリーミング可能なスグレモノで、32GB/64GBがラインナップ。




さらにSDHC/SDXCメモリカードで容量を増やすことも可能。スマートフォンのデータバックアップに最適な上、メモリを増設できないiPhoneやNexusシリーズにはうってつけではないでしょうか。




そしてこちらはUSBメモリタイプの「サンディスク コネクト ワイヤレス フラッシュドライブ」。microSDHC/SDXCメモリカードを搭載するタイプで、1500mAhのバッテリーによって最大4時間駆動を実現。一般的なUSBメモリのようにパソコンに挿すだけで充電できます。



最大8台同時接続でき、同時ストリーミングは最大3台までとなります。




なお、残念ながらいずれのモデルも日本では発売未定。あくまで参考出品ですが、欲しいというユーザーも少なくないのではないでしょうか。

・関連記事
サンディスクが世界最速・世界最大容量メモリカードや新ジャンルの製品などを複数発表 | BUZZAP!(バザップ!)

iPadなどの「容量商法」でメーカーはどれだけボロ儲けできるのかが一目で分かる表 | BUZZAP!(バザップ!)

最大384GBの超大容量スマートフォンも、新型フラッシュメモリ「3D V-NAND」量産開始 | BUZZAP!(バザップ!)

世界最大容量の6TBハードディスクが国内発売、気になるお値段は? | BUZZAP!(バザップ!)

記録容量500GB、落としても壊れないタブレット向け格安HDD「Seagate Ultra Mobile HDD」 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加