256GBの大容量SSD、ついに1万円以下に値下がりへ

このエントリーをはてなブックマークに追加



フラッシュメモリを用いることで、従来のHDDよりも高速・高耐久・低発熱・低消費電力を実現した「SSD(ソリッドステートドライブ)」が大きく値下がりすることが明らかになりました。

フラッシュメモリ製品を扱う台湾メーカー、Transcendの会長兼CEO・Peter Shu氏が明かしたところによると、SSDの売り上げは2014年に大幅な伸びを見せることが期待できるそうです。

これはSSDの価格が前年比で30%下落した上、2014年内にさらに20~30%下がることが予想されることによるもので、256GBモデルが100ドル未満に下がった場合、需要は急増するとのこと。なお、フラッシュメモリやDRAMは供給過多により、四半期ごとにじわじわと値下がりする見込みです。

Transcendはすでに月間10万台のSSDを出荷するまでに成長していますが、Shu氏はメモリカードやSSDといったフラッシュメモリ製品市場は2014年にも拡大し続けると指摘。しかし一方で競争の激化に伴い、小規模なメーカーは撤退するという見解を示しています。

ちなみに大手価格情報サイト「価格.com」によると、2014年3月24日現在、日本で最も安価な256GBのSSDはADATAの「ASP600S3-256GM-C(1万3470円)」で、2月に発売されたばかりのTranscendの256GBモデル「TS256GSSD340」はやや高止まりした1万4480円に。


もしShu氏の予測通りSSDが30%値下がりした場合、256GBモデルは1万円を割り込みかねない計算となるため、非常に期待できそうです。

SSDs bracing for strong sales in 2014, says Transcend top executive

・関連記事
1995年には8GBはどれほど巨大な容量だったかが一目で分かる写真 | BUZZAP!(バザップ!)

記録容量500GB、落としても壊れないタブレット向け格安HDD「Seagate Ultra Mobile HDD」 | BUZZAP!(バザップ!)

最大384GBの超大容量スマートフォンも、新型フラッシュメモリ「3D V-NAND」量産開始 | BUZZAP!(バザップ!)

HDDの容量を2倍にする技術が開発される、メモリなど半導体への応用も可能に | BUZZAP!(バザップ!)

まさに持ち運べるSSD、大容量128GBで超高速な「サンディスク エクストリーム プロ USB3.0 フラッシュメモリ」レビュー | BUZZAP!(バザップ!)

東芝の最先端フラッシュメモリ技術を転職先の韓国企業に流出させた技術者が逮捕へ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加