radikoが「有料で」全国のラジオを聴ける新サービス「radiko.jpプレミアム」を4月からスタート

このエントリーをはてなブックマークに追加




スマフォやPCでラジオを聴けるradiko。これまでは配信エリア内のラジオ局しか聞くことができませんでしたが、4月からは有料にて全国のラジオが聴けるようになります。

株式会社radiko.jpが、地上波ラジオのサイマル配信「radiko.jp」において、これまでの配信エリアの枠を超えて「radiko.jp」で配信中のラジオ番組を日本全国で聴取可能とする新サービスを開始します。

これまではせっかくインターネットに接続しているのに自分の住んでいるエリアのラジオしか聴くことができなかったradiko。地方在住でも東京のラジオを聴きたいと思う人も少なくなかったはずですし、逆に関西や沖縄など、馴染みのない街のラジオを楽しみたいというニーズもあったはず。

今回満を持して配信エリアを超えて全国のラジオを聴ける「radiko.jpプレミアム」が4月1日から始まります。このサービス、システム・サーバーなどにかかる初期費用と運用費をカバーするためとの名目で、月額350円(税別)の有料サービスとなっていますが、登録月は無料で聴取可能。

「radiko.jpプレミアム」は最初は民放ラジオ68局のうち60局からスタート。加えて現行の「radiko.jp」で全国配信されているラジオNIKKEI第1放送、ラジオNIKKEI第2放送、放送大学を聴取することができます。

radikoは「これまで配信エリア外のため聴取できなかった、プロ野球をはじめとしたスポーツ中継や、人気アーティスト・タレントが出演する番組なども聴取可能となります」と説明していますが、「一部の放送局と特定のタレント出演番組やスポーツ中継など一部の番組を除く」とのことで、全ての番組が聴けるわけではないので注意が必要。

なお、震災などの天災への対応として「ラジオの果たすべき役割を鑑み、大規模災害時には、「radiko.jp」参加ラジオ局が届ける安全・安心に関わる情報を、全てのユーザーに利用いただけるよう、時限的に対応することも検討」しているとのことです。

やはり有料か、といった声も聞こえてきそうですが、スポーツファンなどには使い勝手のよいサービスとも言えそうです。

radiko.jpからのニュースリリース(pdf)



・関連記事
2ちゃんねる全面転載禁止で「アフィカス」死亡、過去ログも対象に BUZZAP!(バザップ!)

ブックマークしておくと間違いなく役に立つ、世界中の現在時刻をひと目で把握できるオンライン時計 BUZZAP!(バザップ!)

新しいGoogle Earthの東京が航空写真レベルのすさまじい3D感になっている BUZZAP!(バザップ!)

電話やメール、SNSを無視できる人の方が幸福度が高いという研究結果 BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加