NTTドコモが2014年夏モデルをまもなく発表へ、ほぼ全機種が「VoLTE」対応に

このエントリーをはてなブックマークに追加



先日完全通話定額を盛り込んだ新料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」を発表したNTTドコモが2014年夏モデルをまもなく発表します。詳細は以下から。

高速データ通信、6月から通話対応 加藤薫NTTドコモ社長 - SankeiBiz(サンケイビズ)

産経新聞社の報道によると、NTTドコモの加藤薫社長が5月中旬に夏モデルを発表することを明かしたそうです。

また、新料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」展開に合わせる形で、LTEのパケット通信網を利用して音声通話できる「VoLTE(ヴォルテ、Voice over LTE)」も6月から開始。さらに夏モデルはほぼ全機種がVoLTE対応になるとのこと。

VoLTE導入のメリットについて、加藤社長は「設備負担が軽減でき、音声のトラフィック(通信量)が3分の1になり、伝送効率が上がる。音質はクリアになり、呼び出し時間も短縮。遅延時間は(現行の0.3秒に比べて)2分の1に改善できる」とコメントしています。

なお、現在音声通話に用いられている3Gネットワークを使った「回線交換方式」では、通話している間、相手までの伝送路が占有されてしまうため、「電波が有効活用できない」「音質が頭打ち」という問題がありましたが、VoLTEでは同じ電波資源で、より多くのユーザーが高音質かつ低遅延で通話できることに。

さらに完全通話定額のVoLTEへの移行が進めば、3G回線に空きができ、現在3Gに振り分けている周波数帯域をLTEに振り直すことで、LTEがより高速化する……といったことも期待できるわけです。

ちなみにLTEやWiMAX、WiMAX 2+、AXGP、TD-LTEといった次世代高速通信はデータ通信専用に設計されており、仮に現行のLTEスマホなどで通話をする場合、いったん通信網をLTEから3Gの回線交換方式に切り替える「CSフォールバック(CSFB)」を採用。しかしVoLTE対応機種ではすべてがLTEネットワーク上で完結できるため、3G設備への投資コストを引き下げられることになります。

・関連記事
携帯各社の次世代通話サービス「VoLTE」はどれだけすごいのか | BUZZAP!(バザップ!)

ドコモとソフトバンクが新料金で激突、「カケホーダイ&パケあえる」「スマ放題」を徹底比較してみた | BUZZAP!(バザップ!)

KDDI(au)が年内に「LTE-Advanced」「VoLTE」開始へ、新定額サービスも | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加