割り切りまくった新機種「301Z」をソフトバンクが発売へ、ただしプリモバイル専用



ソフトバンクが色々なスペックを割り切った新機種を発表しました。



ソフトバンクモバイルのプレスリリースによると、同社は2014年6月6日からプリペイドサービス「プリモバイル」向けに「SoftBank 301Z(ZTE製)」を発売するそうです。

301Zは900MHz・2.1GHzの3Gに対応したテンキー搭載モデルで、約2.4インチQVGA(320×240)液晶搭載。専用ボタンで簡単に起動できる200万画素カメラのほか、1100mAhバッテリーを搭載することで、コンパクトながら日常で使える基本性能を備えています。


手のひらサイズの「プリモバイル」向け新機種「301Z」を6月6日より発売 | 企業・IR | ソフトバンク

・関連記事
ソフトバンクやドコモに大きく影響、携帯電話周波数の「グループ内共同利用」実現へ | BUZZAP!(バザップ!)

KDDIやソフトバンクがNTTのセット割解禁に戦々恐々とするワケ | BUZZAP!(バザップ!)

ヤフーのイー・アクセス買収中止、ただしワイモバイル立ち上げは変わらず | BUZZAP!(バザップ!)

NTTのセット割解禁に異議を唱えたKDDIとソフトバンク、自社網整備で立ち位置の違いが明白に | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も
  2. 大画面有機EL採用の新型「iPhone SE」やはり登場か、5G対応モデルはまもなく発表へ
  3. 【速報】Xiaomi「POCO X3 Pro」大容量モデル値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載なのに2万円台で格安スマホの決定版に
  4. 「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  5. 【速報】Xiaomi「POCO F3」3万円に値下げ、10万円級の性能でiPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、ゲーマー向け液冷機構搭載の格安スマホ

モバイルに関連した楽天商品ランキング