これが格差社会の現実、えげつない程の貧富の差がひと目で分かるメキシコの空撮写真

このエントリーをはてなブックマークに追加



ここ10年で格差社会と言われるようになった日本。この傾向がもっと進むとこんな景色が生まれるかもしれません。

これはメキシコシティのエージェンシーPublicisが作成した広告シリーズ。写真家のOscar Ruizさんが空撮したのは美しい家と白い壁、広い庭に自家用車といった富裕層の住む街と、そこから見えない1本のラインで隔てられた貧しいスラム街。

この広告のコピーは「この画像は加工されたものではない。今こそこれを変える時だ」というもので、格差解消のキャンペーンのために作成されたもの。頭の中では分かっていながらも、現実の風景として突きつけられると非常にえげつないものです。





これはメキシコの風景かもしれませんが、今後10年、20年以内に日本でも見かけるようになるかもしれません。あなたはそうした未来を望みますか?

Adeevee - Banamex CDC Houses, Gardens, Buildings, Development

希望格差社会―「負け組」の絶望感が日本を引き裂く (ちくま文庫)
山田 昌弘
筑摩書房
売り上げランキング: 78,000

格差社会―何が問題なのか (岩波新書)
橘木 俊詔
岩波書店
売り上げランキング: 49,014

・関連記事
残り物の料理を喜捨するための冷蔵庫を自宅前に設置したサウジアラビアの男性に賞賛の嵐 BUZZAP!(バザップ!)

ベネズエラの首都にそびえ立つ世界最高層のスラム街「ダビデの塔」 BUZZAP!(バザップ!)

「フォトショップでお化粧」の極致、全てのグラビアが一切信じられなくなる逆回転ビフォーアフター動画 BUZZAP!(バザップ!)

これがホントの貧困ビジネス!?安全、快適に貧困層体験ができるスラム街がテーマの高級リゾート「Shanty Town」 BUZZAP!(バザップ!)

アムステルダムの売春街でのセクシーなフラッシュモブ、その強烈なメッセージとは BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加