アニメ・マンガを無料公開する海賊版サイトまもなく根絶へ、国が制作会社や出版社と協力

このエントリーをはてなブックマークに追加



世界でも一定の評価を受けている日本のアニメ・マンガの海賊版を撲滅すべく、国が動き始めることが明らかになりました。

アニメなど海賊版サイトを駆除へ NHKニュース

NHKの報道によると、8月1日から国が国内のアニメ制作会社や出版社など15社と連携し、海賊版サイトの大規模な駆除策戦に乗り出すそうです。

これは違法にコピーされたアニメやマンガを無料公開する、海賊版サイトの被害が深刻なことを受けたもので、文化庁の推計によると中国のサイトだけでも被害額は1年間で5600億円にのぼるとのこと。

具体的には国が把握している海外の約580の海賊版サイト運営者に対して一斉に削除依頼を行い、さらに月額数百円程度支払えば、新作を含むおよそ250作品が見られる正規版サイトに誘導することで、海外のファンを増やす方針。

なお、今回の施策について、経済産業省商務情報政策局の中井健太氏は「海外のファンの方々に日本の作品を、合法的に安心して見てもらう一方で、アニメ制作会社や出版社などに利益がきちんと還元される仕組みを作っていきたい」とコメントしています。

つまり主なターゲットは「海賊版を利用する海外のユーザー」ということになるわけですが、日本の同人誌を共有する海外サイト利用者の実に9割が日本人だったという例もあるため、一番影響を受けるのは日本人自身なのかもしれません。

・関連記事
ユニクロのTシャツ自作プラン「UTme!」の権利帰属条項があり得ないほどヤバいと話題に→規約変更「著作権はユーザーに帰属」と明記へ | BUZZAP!(バザップ!)

コミックマーケット87(C87)は12月28日~30日開催、大晦日が外れる日程に | BUZZAP!(バザップ!)

東スポが「まとめサイト転載禁止」明言、2ちゃんねるへの転載に見解も | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加